ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Microsoft、「Xbox 360」は299.99ドル。HDDなど周辺機器の価格も一部発表


 X-box360の内容と価格(北米及び欧州の、ではあるが)が発表された。発表されたこと自体は全然問題ではないんですが、問題はその内容。以下の文をお読みください。

 Xbox 360は、手軽に楽しめる「Xbox 360 Core System」と、よりゲームプレイを主目的にしたコアユーザー向けの「Xbox 360」が用意される。「Xbox 360 Core System」は299.99ドル(299.99ユーロ/209.99ポンド)で、「Xbox 360」が399.99ドル(399.99ユーロ/279.99ポンド)となる。

 「Xbox 360 Core System」には、本体のほか3mのケーブル付きコントローラ、本体の前面に設置される取り替え可能な“フェイスプレート”、無料でXbox Liveが楽しめるシルバーメンバーシップ、Sビデオおよびコンポジットビデオ端子、光オーディオ端子に対応した「Sビデオ AVケーブル」をパック。
 コアユーザー向けモデルの「Xbox 360」は、ワイヤレスコントローラ、フェイスプレート、Xbox Liveシルバーメンバーシップのほかに、ハードディスクやヘッドセット、ハイビジョン対応の「VGA HD AV ケーブル」、そしてWindows XP Media Center Edition 2005にも対応した「メディアリモコン」が同梱される。


 要するに、今まで「セットとしてつけますよ」と言っていたHDD初め様々なものを「やっぱやめた」としたということである。さすがにこれはいかがなものか。今までの発表で期待感が高まっているだけに、これは完全に冷や水を浴びせられたようなものだろう。

 実を言うと、「私は」この発表を見てむしろ購入意欲が沸いた。私がPS2を手放したのは「ソフトをやりつくしたから」で、その他の理由はない。だから、「新しいソフトが遊べるPS2」としてのX-box360が安価で買えるならば、完全版よりもむしろそっちを買うだろう。むろん、値段にもよるが。
 が、よもやこんな特殊な考え方を全世界のユーザーがしているはずもない。大半の人は「HDD付属じゃなかったのかよ、ウソツキ」というような対応になるだろう。今回の発表はさすがに失敗だったのではないだろうか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/87-0cbcbe30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。