ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「何でも出来るRPG」として有名なタイトルがX-box360にきました。ちなみに、PS3にも出るそうです。

 ゲーム内容はRPGというよりもアクションRPGといったほうがいいかも。まあ、どっちもさして差があるわけでもないんですけどね。視点はよくある三人称と一人称を入れ替え可能。私はもっぱら一人称派。
 このゲームの特徴は「何でも出来る」ことでしょうか。最初のうちはチュートリアルをかねたミニイベントがありますが、そこをクリアすればもう自由です。もちろん、犯罪行為も行えたりします。つかまればお縄に。抵抗して逃げ続けることも。
 また、キャラカスタマイズの幅が凄まじく広いので、まさに「自分の分身」を作成することができます。これは感情移入の点において大きなポイントです。
 ちなみに、自由といってもストーリーが無いわけではありません。ちゃんと本筋ともいえるメインクエストは用意されております。ま、ほったらかしといてもいいんだけどねw
 もう一つの特徴としては、用意された世界の「広さ」でしょうか。とにかく広いです。隣の町へ行くのにざっと30~60分でしょうか。もちろん、ただ広いだけではなく、そのマップ内に色々なものがあったりします。時には、追いはぎに襲われることも。また、移動手段としては徒歩のほかに馬があります。とはいえ、馬でもこの広さはだるく感じる時がある。徒歩なんかもってのほかです。そういう時のために、メニューでマップを開いて街を選択すれば「ワープ」することが出来ます。これがなかなかありがたい。

 とにかく、本来の意味での「ロールプレイゲーム」です。このゲームでは、善良な市民にも歴戦の英雄にも、残虐な殺人鬼にもなれます。すべては、自由です。


レビュー時プレイ時間:約4時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/475-c44929f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。