ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 店頭体験でKO食らって購入しました。予約は先週に。

 ゲームの内容は「格ゲー+音ゲー」。といっても、格ゲーほどシビアな入力が必要なわけでも音ゲーほどシビアなリズム感が必要なわけでもなく、良く言えばシンプル・悪く言えば中途半端なバランスとなっております。
 基本的な部分は簡略化された格ゲーです。というよりも、テイルズの戦闘をタイマンに特化させた感じ。特殊攻撃にあたるバレットはA・↑A・↓Aの三つのコマンドで違うものを発動。それぞれのコマンドに二つずつ割り当て(タッチで切り替え)なので、戦闘中に使えるバレットは6つまで。これは戦闘前にカスタマイズすることになります。
 このゲームの売りとなっている「カスタムコンボ」ですが、これは音ゲーのノリでボコりましょう、ってことです。Lを押すとカスタムコンボが始まり右下にマーカーが出るので、それを参考にリズムに合わせて攻撃ボタンを押してコンボをつなげます。また、このコンボは自分で好きなリズムを作成することが出来るので「自分にとって使いやすい」なおかつ「高評価の出る」コンボを探し出すのもひとつの楽しみかと。
 バレットもカスタムコンボもそれぞれ使用にBPというものが必要となります。これは最大5までたまり、時間回復と通常攻撃ヒットでの回復の二種類の方法でためることが出来ます。このBPのやりくりも戦闘の鍵となります。
 基本は対戦ですが、一人用では一応飽きないような工夫は施してあります。まあ、最終的にはWi-Fi対戦がメインになるのではないかと。

 全体的に、「子供向け」ということもあってか格闘ゲームの「ややこしい・面倒くさい部分」が全て取っ払われていますので、そういった理由で敬遠していた人はやってみて欲しいです。格闘ゲームの楽しさのひとつである「駆け引き」が気軽に満喫できるのではないでしょうか。

レビュー時プレイ時間:約1時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/449-8e0f3005

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。