ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 去年夏にGCで出るはずだったタイトルがWiiに移ってついに登場です。個人的にはボタン数が減ったおかげですっきりしてるんじゃないかなと。まあGC版当時の操作体系知らないけどさw

 ゲーム内容はペーパーマリオRPGとは違いアクションアドベンチャー。ストーリーもあれば成長要素もありますが、やってみるとやはりRPGというよりもアクションです。前作のテイストをそのまま期待すると肩透かしを食らうかもしれません。まあ、だからこそタイトルに「RPG」がないんでしょうけど。
 ゲームは基本的にストーリーに沿ってちょっとした謎解きっぽいのをこなして新たなステージを出現、そのステージをクリア、という流れです。なので意外とアドベンチャー要素も少ないんじゃないでしょうか。ステージ中に謎解きもあるにはありますが、やはりそれほど厳しいものはないかと。むしろ、頭よりも腕を求められる傾向にあるように感じました。
 Wii版になったことでの追加要素なのか変更要素なのか、とりあえず最初からつれている妖精「アンナ」の力を駆使することで敵やオブジェクトのチェックが可能です。方法はポインティング。ポインティングを向けている間は時間も止まるので、あせる必要はありません。この能力を利用する謎解きもあり。
 2Dと3Dを入れ替えてゲームを進めるわけですが、思っていたよりも面倒くさいということはありませんでした。むしろメニューが間にはさまれる分妖精・キャラの入れ替えのほうが面倒かも。
 まだステージ1のみですが、ボスは比較的優しいかと。2体戦いましたが、うち一体は完全なパターンにはまりましたw むしろ、次元ワザで世界を入れ替えることで突然現れる雑魚敵(2Dでは見えないけど3Dではいる、あるいはその逆、という敵配置がある)のほうが厄介かと。あとは跳ね返り続ける甲羅w

 全体的に見て、一言で言うなら「新しい2Dアクション」といったところでしょうか。プレイしていて非常に小気味いいです。HPの多い雑魚を連続でふんずけて撃破したときの爽快感はなかなかです。

レビュー時プレイ時間:約2時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/438-ca9db84f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。