ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SCEA、GDC2007の基調講演でPS3用の新作・サービスを発表
3DCGを使ったコミュニケーションサービス「Home」など / GAME Watch



 要するにPS3版ぶつ森(動物でも森でもねえけど)なのか。まあ色々やってますが、個人的にはいくつか気になる点が。
 まず、これがあくまでも「パッケージソフト」ではないという点。あくまでも「ゲーム機」に付加されるシステムなので、主役は「ソフト」において欲しい。その意味では、これを単体で出して「さあどうぞ」と言われても正直「・・・」となってしまいます。まあ、一応ゲーム等もあることはあるようですが、やはり本体搭載のシステムならば、さらに一歩踏み込んで「PS3ソフトとの連動」を見せて欲しかったですね。今すぐ形に、ではなく展望でもよかったので。例えば、Wiiスポーツで登録してあるMiiが観客にやってきたりチームメイトになったりする、といったような。
 また、HOME内で動画等が見れたり出来るらしいですが、そういった要素は「キャラクターを移動して目的地へ向かう」という項目選択方法を取っているHOMEに合うのか、という疑問が。味気ないとしても、そういうゲーム的な動作が入ってくるよりも直接選択肢の中から取りたい行動を選択するほうが早いのは明らかです。味が重要なのか、機能性が重要なのか。動画等の、今回採用されている物は後者が重要なのではないかと、個人的には思います。
 最後に、この手のコミュニケーションツールの避けては通れない問題点。ずばり、「ユーザー数」と「安全性」です。はっきり言ってしまえば、現状のPS3ユーザー数ではこの手のツールは100%の楽しさを引き出せないのではないでしょうか。確かに、人数が集まればいろんな人と同じ場所でワイワイやるわけだから、その楽しさはある程度予想できます。ですが、これは逆に言えば「人数がいなければつまらない」ということでもある。また、暴言などを発する問題あるユーザーへの対処も、あるいはそういった問題あるユーザーを発生させない工夫も、この手の物には必要とされます。この点に関してはSCEの腕の見せ所、と言ったところでしょうか。

 まあ、システム自体は気になることは気になるんで、一応見守りたいとは思いますが。
スポンサーサイト

こんにちは!
やはりゲームブロガーとしてはこの『HOME』は
避けて通れないネタですよね。

実際に『HOME』での通貨が個人的には
注目点で、もしも原価交換などになったら…
新しいWebのあり方が語られだしそうな
仕組みだなぁと感じてます。

しかし、シャノンさんが言われるように『安全性』と
『ユーザー数』という部分では…

な~んかクリア出来そうにない感じが…
やっぱり高いですもんね『PS3』。

2007.03.11 14:42 URL | kuroo0 #RudmWNaY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/428-3b8dd233

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。