ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 X-box360期待の新星がついに世に降り立ちました。ロストオデッセイのほうはまだのようですが。さてさて、このソフトがX-box360にどのような影響を及ぼすのか。あるいは何も影響を及ぼさないのか。

 ゲーム内容はオーソドックスなコマンドRPGです。昨今では「新機軸!」だの「新システム!」だのがウリにないと駄目みたいな雰囲気すらあるので、このオーソドックスさは個人的に充分ウリになると思っています。
 戦闘における目立ったシステムは「ため」と「同士討ち」ですね。「ため」とは、文字通り溜めるのです。戦闘中の一部の行動は「溜める」ことが可能で、溜めることによって行動順が遅くなる代わりに威力や効果範囲が増大します。これを上手く使うことで行動順をある程度操れるので、これがなかなか戦略の幅を広げています。
 「同士討ち」も、まあ文字通りです。このゲームはシンボルエンカウントなのですが、複数のシンボルと同時にエンカウントすることが可能なのです。その時のシンボルの組み合わせによってはモンスター同士がケンカしたり、食物連鎖が発生したりするのです。当然、これを把握して活用すれば戦闘が有利になります。
 このブルードラゴン、何気にバランスが「古き良きRPG」を参考にしている節があります。というのも、ショップの物価が高く戦闘に歯ごたえがある。今時珍しいバランスだと思います。

 全体的に見て、個人的には大満足です。ただ、やはり「オーソドックス」ということは言い換えれば「パンチが足りない」ということでもあり、その点を減点対象とみなす人がいるかもしれません。


レビュー時プレイ時間:約6時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/404-8b9403b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。