ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 えーと、まあ、ね。買っちゃいました。トラスティベルに打ち抜かれ、ブルドラに備えて。いや、もちろんこのデッドラも興味あったんですよ?w

 さて、このゲームの内容ですが、「ゾンビで溢れかえっているショッピングモールで72時間生き延びろ」というものです。この「72時間」はリアルタイムではなく、実際の72時間よりも早いです。時間は常に経過していきます。また、事件の真相を突き止めることも目的の一つであり、そのためのイベントが「ケースファイル」として用意されています。ゲームオーバー時やクリア後はステータスを引き継いでもう一度最初からやることも可能。つまり、何周もやることを前提としたゲームです。
 このゲーム、ぶっちゃけ当初は「ゾンビ無双」としか思っていませんでした。ゾンビ大量に出るし。ですが、プレイしてその思いは変わりました。

 敢えて言います。これは、「ゼルダ」です。

 パクリとかそういうことではなく。非常にゼルダと質的に近いものを感じたのです。つまり、ゼルダにもデッドライジングにも「反応」が用意されているんです。
 例えばゼルダの場合。ふと思い立って看板に剣を振る。すると、看板が真っ二つに割れる。その切れ端を持って川に投げ入れると、切れ端が川に浮かぶ。看板も、縦に斬れば縦に、横に斬れば横に割れる。
 例えばデッドライジングの場合。ゾンビに対抗すべく周囲を見渡す。すると、マネキンが置いてある。迷わずそれを持ちゾンビに向かって振り下ろす。すると、ゾンビがふっ飛び、マネキンが砕け散る。丸腰になってしまったので、今度はマネキンの足を拾って武器にする。
 とにかく、こちらが考えて行った行動に対する「リアクション」が逐一用意されているのです。それこそ、ゼルダの如く。また、それ故に没入感が凄まじく高いのもゼルダと同じ。
 ストーリーに関しても、無法地帯と化したショッピングモールで見せ付けられる、人間のどす黒い部分が上手く描写されていると思います。ぶっちゃけ、まだゾンビのほうが可愛いくらいですw

 とにかくこのゲーム、色々な意味でそこらのホラーゲームとは質が違います。X-box360ユーザーなら是非プレイすることをお勧めします。ただし、18歳未満お断りです(CERO Z指定)。


レビュー時プレイ時間:約5時間
スポンサーサイト

うわあシャノンさんもトラスティベル注目ですかー
アレいいすよねぇぇええええショパンだし
ワタシもきょう発売のカルドとトラスティベルのためだけに箱○買おうかと思ってたんですよWii予約できるまでは

そうそう!きょう無事Wiiの予約できました!(ていうかしていただきました・くわしくはblogで
シャノンさんにも情報いただきましてありがとうございました
これで安心して発売日を迎えられます

2006.11.23 00:00 URL | かなん #zVSB6VdA [ 編集 ]

それは良かったw

箱○買ったら、余裕のあるときでもいいんでデッドライジングやってみてください。日本版ならグロ表現も流血までですし。

2006.11.23 11:13 URL | シャノン #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/398-bf416949

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。