ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「DSでIT犯罪に挑む」というコピーでCMをやっているアドベンチャーゲームです。CM見て衝動買いw

 ゲーム内容は、コピーどおり「様々なIT犯罪に立ち向かう」というものです。ゲームの基本部分は従来どおりのアドベンチャーゲームです。移動し、調べて、会話して。調べる場所も「怪しいところをタッチ」という蘇る逆転方式ではなく、「リストアップされた場所を選択する」というこれまた従来方式です。いや、逆転裁判方式が今までになかったと言うわけではありませんが。
 基本となる「足を使った捜査」は従来どおりですが、このゲームの肝は「ネット」にあります。
 このゲームでは、PCを使って「インターネット」をすることが出来ます。といっても、実際のこの世界のネットではなく、ゲーム内の仮想ネット空間ですが。これがなかなかよく出来ています。
 まず、WEBに接続するとポータルサイトにたどり着くわけですが、その構造がまさにネットです。しかも、個人ブログまで用意されています。というか、2chまである始末ですw もちろん、こいった「再現性」のみではなく、その中に巧妙にヒントをちりばめているその「隠し方」が上手いです。要所要所でネットをさまよってヒントを探し出すことになるのですが、ただボーっと見ているだけではヒントにたどり着くのは難しいです。かといって、理不尽に難しすぎるということもありません。
 また、ゲーム中でハッキングやハッキング阻止を行うこともありますが、それらはミニゲームになっております。このミニゲームが予想以上にアクション性が高く、アクセントとして実にいい味を出しています。
 さらに、これは実際にプレイするまで知らなかったのですが、なんと各章を終えると「ランク」が表示されます。おそらく全クリすることで各章の最高ランクが確認出来るようになるのではないかと思われます。評価基準は分かりませんが、「華麗に事件を解決する」ことで高評価が得られるのではないでしょうか。例えば、ミニゲームをノーミスクリアとか。

 総合的に、古き良きアドベンチャーといったところでしょうか。月並みな言葉ですが、この手のジャンルが好きな人ならまず間違いなく楽しめると思います。

レビュー時プレイ時間:約3時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/347-b7878606

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。