ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
世界樹の迷宮

以下、ファミ通から引き出した情報及びインタビューの抜粋。

アトラスの3DダンジョンRPG
今秋発売予定、5229円
タッチペンでマップを自作するシステム
 マップはウィズみたいな方眼マップ
 一度進入したマスは色が変わる
 イベント・宝箱・敵・扉・罠・階段や、壁を自分で書く
 メモも可能か
「f.o.e」システム
 ダンジョン内を徘徊する視認可能なモンスター
 視界に入ると反応したり、音に反応したり、特定の条件でプレイヤーを感知して襲い掛かってくる
 移動中は、こちらが一歩進むと向こうも一歩進む
 戦闘中は、1ターン経過すると一歩進む
 フロア内に一体とは限らない
 戦闘が長引けばf.o.eに襲われる危険性が高まる
画面左上に時刻表示あり
依頼システムあり
公開画面から確認できた依頼
 ユグドラシルに花束を
 聖騎士の魂に安らぎあれ
 今はもういない仲間へ
 歌姫の流した涙を止めろ
 樹海の闇に潜む獅子
キャラメイキングシステム
 製作可能数は20人
 パーティメンバーは5人
職業は9種類
 ソードマン:剣や斧で戦う近接戦闘の達人
 パラディン:自らの体を盾とし、仲間を守る
 ブシドー:特殊な剣術、体術を修めた異国の剣士
 メディック:回復技術で治療役を担う衛生士
 カースメーカー:呪いの言葉で相手の意思や生死を操る
 アルケミスト:世界の法則を研究している異端の学士
 バード:歌や踊りで仲間を鼓舞し、強化する
 レンジャー:樹海で生き残る知恵を豊富に持つ冒険者
 ダークハンター:敵対者の弱点を的確に攻撃する狩人
職業毎にグラフィックが複数ある模様(おそらく男女一種ずつか?)
各職業にスキルが用意
公開画面から確認できたスキル
 バックガード(パラディン):パーティ後列に対する攻撃ダメージを肩代わりする。
 エクスタシー(ダークハンター):ムチ専用。頭/腕/脚を封じた敵に強力な一撃を与える。
 追穢の呪言(カースメーカー):弱体スキル。敵全体のバステ回復時間(どういうものかは不明)を長くする。
ポイントを割り振ることで習得、キャラクターを成長させる
「ブースト」ゲージ確認。満タンになることでコマンド「ブースト」が選択可能?
確認されている施設名
 長鳴鶏の宿(休憩・セーブ)
 カーダ施薬院(治療・蘇生?)
 シリカ商店(店)
 金鹿の酒場(情報収集・依頼?)
 冒険者ギルド(キャラクター登録?)
 執政院ラーダ(やりこみ要素の確認?)
 樹海入り口(ダンジョン入り口)

―以下、新納一哉さんのインタビュー―
・コンセプト「分かりやすいものを造りたい」
・「潜る」事が目的だとプレイヤーに分からせた上で、それを阻止するギミックを用意し、下へ潜るだけでゲームが成立するようにしたい
・「ウィズを今我々が一から考えたらどういうゲームになるのか」という話から始まった企画
・思い出に残るゲームを目指して作っている
・どんなに売れてどんなに大作の作品を作っても、「忘れた」と言われるゲームじゃ意味がない
・ボタン連打でクリアできるゲームが、アトラス的に面白くない(難易度は高め? と聞かれて)
・最近はユーザーに対して開発側が「簡単にしないとわかんないよね」と考えている傾向がある
・ゲームシステムが分かるように工夫しておけば、難度自体は高めでも大丈夫なんじゃないか
・「クリアさせてもらう」というより、「自力でクリアする」というほうが正しいのかなと思う
・パスワードを発行して、次のゲームにキャラクターを持っていくということをやってみようかと考えている
・このゲームの「2」かもしれないし、違うゲームかもしれない
・遊ばされるゲームではなく、遊ぶゲームになるということを大事にしていきたい


これは買いでしょう。

最近立て続け過ぎてマジ財布がヤバイ・・・・w


ただ、グラフィックといいシステムといい、あくまでも「ウィズ」ではないのであしからず。原理主義的な感情をお持ちの方は避けるべきかと。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/342-ae555b5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。