ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ちょうどRPGがやりたかったので買っちゃいました。ポイントがあったので金銭的にも問題なし。

 ゲームシステムはオーソドックスなRPGです。特徴としては、やはりアミーゴ。そして、もう一つは「魔法」。
 まずこのゲーム、主な攻撃手段が「打撃」ではなく「魔法」なのです。まあ、タイトルにも「マジカル」ってありますし。
 魔法には7つの属性があり、そのうちの5つがちょうど五角形の頂点に配置され、それぞれの相性が設定されています。残りの二つである光と闇はそれぞれ特別で、他の5つとは独立しており、お互いがお互いの属性の弱点となります。
 また、冒険の舞台となる星にも5つの属性が割り振られており、それぞれ対応する星が対応するエリアに突入することで対応するキャラの強さが上昇します。
 具体的に言いますと、例えば火の魔法使いが仲間の中にいるのですが、そいつは「火の星が運行図上の火のエリアに突入する」ことで強さが上昇します。ここでも光と闇は特別で、光は昼、闇は夜に強くなります。
 魔法を使用するには当然MPが必要となるのですが、これはターンごとに回復していきます。また、攻撃対象選択時に敵の属性も確認出来るため、敵と味方の属性・星の位置・時間を常にチェックして戦う必要があります。
 また、魔法は前列で放つと威力が強く単体に、後列で放つと威力が分散して全体にダメージを与えます。これも考慮して戦闘を行う必要があります。
 さらに、魔法発動時にタイミングよくキャラをタッチすることで威力が上昇します。このように、魔法戦主体で考えられているため、他のRPGとはまた一味違う戦闘が楽しめます。
 もう一つの特徴であるアミーゴは、今作ではその恩恵が小さくなっている感じがします。まあ、前作ではアミーゴをしているのとしていないのとでかなり差があるらしいので、アミーゴのやりにくさもあいまってそうとう叩かれたらしいですが。それを考えると妥当だとも言えます。
 今回のアミーゴでは、クラスメートの他に連れて行くことの出来る仲間を増やせます。アミーゴをすることで卵が孵り、それらが共に戦ってくれる、というわけです。それらは通常の成長はせず、アミーゴを繰り返すことで成長するようです。まあ、敢えてこれをせずともクリアは充分に出来ると考えられます。

 難易度的にはそれほど高くはないと言えます。とはいえ、やはりRPGに慣れていないと少々厳しいかもしれません。今のところは、「実に普通の良作RPG」といった印象です。

 最後に、タッチペン操作についてですが、これがまた当初予想していた以上にやりやすいです。個人的には、こっちでいいやって感じですね。


レビュー時プレイ時間:約2時間
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/338-a024d3e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。