ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
忍之閻魔帳:1点の重み


 こちらで私自身ローグギャラクシーの点数を気にしているし、上のような記事も存在しているので、せっかくなので私もちょっと書いてみようかと。

 まずは、上の記事でコメントしてる私の意見を引用しときますね。

「どこでも確認出来る評価」という意味ではクロスレビューもまだ価値はある、と個人的に思いますね。まあ、最近ネットに掃いて捨てるほどある個人レビューに取って代わられて来ている感はありますが。

最終的にどのゲームを買うかの決定権を持つのは自分自身だし、「レビューを過大評価しない」という一点に注意すればクロスレビューもネットの個人レビューも同じだけ役に立ち、また同じだけ無意味だと考えてます。


 実際忍さんのところに寄せられているコメントを見てみても、「ファミ通のレビューを全面的に信頼している」という人はほとんどいない。皆レビューそのものを信頼していないか、そこに自分の勘なりなんなりを加えて初めて信頼している。

 でも、実際ファミ通のレビューって色んなとこで見かけるよね。たとえば、ゲームショップの棚にクロスレビューがはっつけてあって「ファミ通オススメ」とか宣伝文句にしてたり、店側に限らずユーザーも、これは某所に行くと見かけるのですが、一つのゲームに対して揚げ足を取ったり絶賛したりする時に、よくファミ通のレビューをネタにしている。「この出来にも関わらずこんな高得点」とか、「あのファミ通でこれだけの点数!」とか。
 結局、この現状があるということは、ファミ通のクロスレビューが充分店側・ユーザー双方に影響を与えているということになるんでしょうね。それがいいことなのかどうかは分かりませんが。私も、なんだかんだでクロスレビューは毎週確認してますし。


 確かに、ファミ通のレビューは最近信頼性に欠ける気がする。「ファミ通のレビューは当てにならない」と言う人も多い。でも、本当にファミ通のレビューが信頼されてないんだとしたら、前述の状況もなくなっていなくてはおかしいんじゃないでしょうか。店側はまだ「つまらないものでも売りきらないと立ち回っていけないなら、そりゃどんな手でも使う」と考えられなくもないけど、ユーザー側の現状は本当にクロスレビューを信頼していないのならば起こり得ないんじゃないでしょうか。結局まだ皆(クロスレビューが信頼できないと言う人達も)根本的なところでファミ通のレビューに頼ってる気がするんだよなあ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/223-721a95c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。