ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Nintendo DS ブログ


グラフィックスのクオリティが上がれば上がる程、人間はシビアに判断しちゃうんでしょうね。「認知の谷」でしたっけ?違ったかな? ロボットがぎこちない動きをするのは許せるのに人型アンドロイドの動きがぎこちないと非常に不自然に感じるんですよね。人間って不思議。
私が「本当にグラフィックス能力を上げていってHAPPYになるのか?」というところに疑問を感じるのはそんなところから由来しているのかな? グラフィックスは非常にすばらしいけどゲームの明るい未来を感じることは出来なかった。それが私の率直な感想です。



 私が次世代機の映像を見て思ったことと全く同じことを、やはり他にも思っている人がいた。私の場合は、「動き」のリアリティなどは分からないがやはり次世代機の映像には「質感」というかそういった何かが感じられなかった。そもそも、「現実と見紛うほどのグラフィック」を売りにしようとする節があるが、所詮「映像」は「現実」になどなれやしないのだ。その意味で、私は今「リアルにすればするほど非現実的になっていく皮肉」を感じているのだが、皆はどうだろうか。
スポンサーサイト

FFACなんかを見ると特にそれを感じますね
リアルになればなるほど不自然。お肌スベスベ過ぎ(笑
かといって毛穴から不精髭、シミまで再現して誰が喜ぶの?って話だし
ウイイレも選手の細かい動きの数、再現度が重視されてるし
車ゲーやんない秋鷹41にはコントローラで運転して何がリアルなの?って思っちゃいますね
任天堂が線を引いてるのはそこで、玩具と言い続けているのも関係あるんじゃないかな??と

2005.09.18 16:02 URL | 秋鷹41 #79D/WHSg [ 編集 ]

トラバありがとうございました。
自分のブログのコメント欄にも書きましたが、リアルにすればするほど人間の脳はリアルとの違いを粗探しするように出来ているので、その粗探しに耐えうるだけのリアリティーを実現するのはかなり大変でしょうね。
そしてさらに、たとえリアリティーが実現したとしてもそれがゲーム業界やゲームユーザーにとってHAPPYな未来かと言われると、それもまた疑問なところなんですよね。任天堂の進む道にHAPPYな未来があるかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも今のままではイカンですよねぇ。

2005.09.19 00:14 URL | nintendods #79D/WHSg [ 編集 ]

>秋鷹41さん
 今なら任天堂の「映像を極めても仕方ない」的な発言にもうなずきですね。その方向性で今後面白くなるとは思えない。
>nintendodsさん
 仮にそのリアリティが実現したとしても、今度は開発費が業界の衰退に拍車をかけそうですね・・・・

2005.09.19 00:22 URL | シャノン #79D/WHSg [ 編集 ]

はじめまして。ビスコっていいます。
「認知の谷間」という言葉は知らなかったんですが、僕も朧げながらそれに近い事を思っていました。
今までの「リアル」は既存のイラスト的な2Dグラフィックと比較して「リアル」と言われていた物が、一定のクオリティーを超えると、その比較対象が実写になってしまって「リアルとか言ってるけど実写にはまだほど遠い」といった印象を持ってしまいますね。
「これくらいのCGなら10年前にハリウッド映画が通った道だなぁ」と。
で、そのハリウッド映画も今じゃアイデア不足で予告編で見所のシーンを見せちゃうから、全編見ても中身がペラペラだったりで映画館から足が遠のく…

2005.09.19 13:58 URL | ビスコ #79D/WHSg [ 編集 ]

そういう思想で任天堂が作ったのが「ゼルダの伝説 風のタクト」なんですよね。新作ではリアル系のゼルダに戻すみたいですが、また「タクト」みたいなゼルダをプレイしたいです。

2005.09.21 03:07 URL | ppp #79D/WHSg [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/134-a8bad3b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。