ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 GCでは数少ない本格RPGです。DSで出るという話が出たときに「これこそDSにふさわしい」とか言われてましたな。今思えばテイルズもナムコだよな・・・かつてナムコはGCに力入れてたんだろうか。

 さてこのゲーム、はっきり言って宣伝で失敗してます。あのCMじゃどんなゲームかさっぱりだよ。店頭のパッケージの裏も全くゲーム内容に触れてないし。もっと露出しなきゃ。
 プレイヤーは、主人公カラスに憑く精霊となってカラスと共に冒険を繰り広げていきます。この設定は珍しいな。まだやり始めたばかりだけど、今後活かされれば最高だな。
 このゲームの特徴は「マグナス」にあります。マグナスとは、言ってみればカードです。このゲームは、全てがマグナスとなっていて、戦闘もマグナスで行われます。
 マグナスには、まず戦闘に使用するバトルマグナス、メニュー画面で使えるマグナス(いわゆる消費アイテム)、装備マグナスがあります。あと、ブランクマグナスという物々交換などのイベント用のマグナスもあり。
 戦闘にはバトルマグナスを使用するわけですが、まずはその前にデッキを組む必要があります。戦闘になるとそのデッキから手札が何枚か来て、その手札からカードをだして攻撃・回復・防御を行います。なので、カードの引きが悪いとボコられますw 他にも色々な要素はありますが、基本はこれだけです。攻撃したければ敵にカーソルを合わせて攻撃カード、回復したければ味方にカーソルを合わせて回復カード、敵が攻撃してきたら、ヒットする前に防御カードを選択して防御。
 この戦闘、通常のコマンド戦闘に一癖加えたといった感じで、非常に好感触です。ただ、カード選択時に制限時間があるので、瞬時に判断する必要があります。ここらへん、「DSで出すべき」という理由なんですが。
 デッキはキャラごとに組むことが出来、デッキ内容で攻撃型になったり回復専門キャラになったりするので、非常にデッキ編成が面白いです。他にも、マグナス自体の収集や「SPコンボ」と呼ばれるカードの組み合わせの発見など、やりこみも豊富です。GCのRPG(といっても数はそう多くないですが)の中ではまず間違いなく五指に入るでしょう。
スポンサーサイト

序盤の回復アイテム=食べ物の劣化の早さ
 →後半の回復アイテムの強力さ&劣化の遅さ
ストレートコンボ強すぎ&攻撃強力すぎて防具要らない
この辺のゲームバランスを調整してくれたら◎だった・・・
それでも○つけられる出来なんですけどね

2005.09.11 03:18 URL | 秋鷹41 #79D/WHSg [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://2467dr.blog47.fc2.com/tb.php/120-fab41c90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。