ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




少し玉がズレてるのは、開封して遊んだからです。戻せないwww
いじってるだけでも結構楽しいので、暇な時にちょくちょくやろうとは思います。果たして再び色が揃うのは何十年後かw



他のプレゼントがまだ来ない・・・・
スポンサーサイト
■DS
・エターナルクロニクル(仮) (新作RPG)
・ソーマブリンガー (ワイヤレス通信協力RPG)
・ファミコンウォーズDS(仮)
・星のカービィ ウルトラスーパーデラックス(仮) (2008年)
・ファイアーエムブレムDS (2008年)
 シリーズ1作目・暗黒竜と光の剣のリメイク

・高速カードバトル カードヒーロー 12月発売決定。


■Wii
・メトロイドプライム 来年
・スーパーマリオスタジアムベースボール
・マリオカートWii 008年春
 ハンドル型リモコンアタッチメント付属
 バイクも登場、12人対戦
・WiiFit (2007/12/1 8800円)
 バランスボード同梱
 本体にインストールしてディスクレス起動

・スマブラX (2008/1/24 6800円)

 ソニック参戦

・モンスターハンター3(トライ) (カプコン)

 どうやらWii独占の模様?

■Wiiウェア
・2008年3月スタート、以下提供タイトル

・ポケモン牧場(仮)

 ダイパのポケモンを転送して牧場のように飼育する
・ドクターマリオ
・もじぴったんWii (バンナム)
・ボンバーマン(仮) (ハドソン 2008年春)
・Star Soldier R (ハドソン 2008年春)
・JOYSOUND Wii(仮) (ハドソン 2008年春)
 カラオケ用カラオケソフト、専用USBマイク別売
 マイク同梱のパッケージ版も発売予定
FFCC小さな王様と約束の国 (スクエニ Wiiウェア提供開始と同発 1500Wiiポイント)

■Wiiチャンネル
・Miiコンテストチャンネル
・みんなの任天堂チャンネル
 DSステーションと同じようなサービスを開始

 ソフトのオススメ度が投稿できて、自宅で体験版がDLできる

■その他
・Wiiのネット接続率はおよそ4割
・東西NTTと連携してWiiのネット接続の相談窓口を開設
 機器の提供、家庭でのセットアップをサポートするサービスを提供
・VCは780万ダウンロード達成



一言だけ。スマブラ延期は助かった・・・・色々な意味で。マジで。
 買っちゃったーw

 さてこのゲーム、ぶっちゃけドラゴンボール好きなら買いです。そのくらい「ドラゴンボール」してます。そこらの格ゲーとは明らかに違うw もはや「ジャンル:ドラゴンボール」ですw
 基本的には十字キーとA・Bならびにリモコン振りの組み合わせが技の主な出し方となるので、格闘ゲームによくあるいわゆる「コマンド」はないです。例えば、かめはめ波だとそのままかめはめ波の動作をします。これが一体感が凄まじい。慣れるまでは各々のポーズに存在する癖が必殺技発動の邪魔になってくるでしょうが、そこはすぐに慣れます。
 難易度ははっきり言って高いです。イージーでもボコられますw とはいえ、私は格闘ゲームが苦手なのですが、それでもイージーだと接戦も出来るし勝ちも拾えるので、理不尽ではないかと。
 もちろん、GCコンやクラシックコントローラーでもプレイ可能。それらでプレイすればまあいわゆる「従来型ゲーム」としても十分楽しめるんじゃないでしょうか。ロードはPS2版より短いらしいです。とりあえず、Wii版「は」気にならないくらいに短い。
 コマンドみたいな感じのコンボは存在するのですが、ぶっちゃけ覚えとく必要はないです。もしくは、一個だけコンボの流れを覚えておくか。むしろ共通アクションである回避とかのほうが重要に感じました。

 一言でまとめると、「簡単操作の激ムズ格闘アクション」というのが感想ですね。簡単だけど難しい。難しいけど簡単。なんか謎かけみたいだけどw
 余談ですが、個人的にはリモコン操作による「なりきり感」は他の何よりも特筆すべき点に感じました。ものすっごい気持ちいいw


レビュー時プレイ時間:約3時間
 任天堂だけど、これに関してはミストウォーカーって言ったほうが分かりやすいのかな? なんにせよ、坂口さんの作ったSRPG(といっていいのかどうか)です。

 簡単にゲーム内容を説明するなら、「SRPGのエッセンスを投入したRPG」ですかね。ベースにはSRPGを置いているものの、考え方とかはむしろRPGですね。戦闘が基本「倒すか逃げるかまで」続く点とか。既存のもので近いものを挙げるならば、FF6にあった複数パーティ同時操作イベントか。あるいは、こちらはやったこと無いのでどの程度か分かりませんが、バハムートラグーンもこれに近いそうです。
 プレイの基本ルールは「1~3マスの距離は基本レンジ(前衛)」でしょうか。基本的に戦闘を仕掛けられるのはこの距離です。戦闘中はマップ上の距離がそのまま陣形のような扱いになり、前衛ならば与ダメも被ダメも命中率も高いです。逆に後衛はそれぞれ低い。また、後衛過ぎると攻撃が届かないこともあります。この場合、攻撃手段は「投石」w 命中率も低くダメージもすずめの涙w まあ、その分こちらが食らうダメージも飛躍的に減りますが。
 操作性は十分いいです。ただ、ターゲット複数指定だけが理解するまではややこしいですね。タッチで狙う/狙わないを切り替えて決定をタッチ、ではいけなかったんでしょうか。あと、モーションとかの関係でテンポはそこまでいいというほどではありません。といっても、まあ特筆して悪いというほどでもないかと。
 一つだけ不満があるのですが、メインチャプターを選択してから出撃準備に移り、装備を整えたり買い物をした後に「やっぱもう少し稼ぎたいな」と思ったとしても戻る項目がない。一応、出撃を選んでからセーブしてリセットすればチャプター選択に戻れるが、そうすると当然ロゴをまた見ることになるので非常に面倒くさいです。フリーマップを設けるならこの位あってもよかったのでは。

 まあ、総合して結論を出すと正直面白いです。ただ、どちらかというとSRPGよりもRPGにテイストが近いと思いますので、ガッチガチの典型的SRPGを期待しているのであれば避けるのが無難でしょう。

レビュー時プレイ時間:約2時間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。