ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 今日もプレイしちゃいましたドラクエアーケードw とりあえず子供がプレイしていたのでまずは太鼓で時間をつぶすことに。久しぶりだから結構なまってるなあ・・・ていうかマメできたw
 その後席が空いたので早速プレイ。順番待ちの子供とかがいなかったので二戦ほどプレイ。ちなみに、一回カード購入を行ったのでゲットしたのは三枚。内訳は「キメラ・ストーンマン・サイレス」。
 さて、ゲームのほうですが今回は通常プレイなので二連戦。×2で4戦したことになりますね。やっぱり技の選択とタイミングよくボタンを押すアクションコマンドが地味に面白い。


が!!!


二戦目・4戦目(つまり、2プレイしたうちそれぞれの二戦目)、変化が!

 まあ、何がおきたって王者の剣が出てきたんですけどね。その威力がまた・・・w

カードを入れて王者の剣で貫け!→指示に従う→とどめの一撃!!!→ダメージどれだけだ・・・・?

1008・1008・1008ダメージ(爆




・・・・・出すぎだろw
スポンサーサイト
 「何でも出来るRPG」として有名なタイトルがX-box360にきました。ちなみに、PS3にも出るそうです。

 ゲーム内容はRPGというよりもアクションRPGといったほうがいいかも。まあ、どっちもさして差があるわけでもないんですけどね。視点はよくある三人称と一人称を入れ替え可能。私はもっぱら一人称派。
 このゲームの特徴は「何でも出来る」ことでしょうか。最初のうちはチュートリアルをかねたミニイベントがありますが、そこをクリアすればもう自由です。もちろん、犯罪行為も行えたりします。つかまればお縄に。抵抗して逃げ続けることも。
 また、キャラカスタマイズの幅が凄まじく広いので、まさに「自分の分身」を作成することができます。これは感情移入の点において大きなポイントです。
 ちなみに、自由といってもストーリーが無いわけではありません。ちゃんと本筋ともいえるメインクエストは用意されております。ま、ほったらかしといてもいいんだけどねw
 もう一つの特徴としては、用意された世界の「広さ」でしょうか。とにかく広いです。隣の町へ行くのにざっと30~60分でしょうか。もちろん、ただ広いだけではなく、そのマップ内に色々なものがあったりします。時には、追いはぎに襲われることも。また、移動手段としては徒歩のほかに馬があります。とはいえ、馬でもこの広さはだるく感じる時がある。徒歩なんかもってのほかです。そういう時のために、メニューでマップを開いて街を選択すれば「ワープ」することが出来ます。これがなかなかありがたい。

 とにかく、本来の意味での「ロールプレイゲーム」です。このゲームでは、善良な市民にも歴戦の英雄にも、残虐な殺人鬼にもなれます。すべては、自由です。


レビュー時プレイ時間:約4時間
 前々から気にはなっていたドラクエアーケードをプレイ。子供がなかなかプレイをやめなくて「やっぱやめようか」と思ったりもしましたが、待ちましたw
 とりあえず、モンスターカードが3枚必要っぽかったのでまずは初期投資でカード3枚ゲット。途中、百円の投下が早すぎて見てる子供に「早いよ」と窘められましたwwww まあ、被りがなく300円ですんだのは幸いだった。

 一枚目。


 二枚目。


 三枚目。



 で、プレイしてみての感想ですが、いやはや・・・・面白いねこれ。正直舐めてたわ。なんていうか、普通にDQMを実況つきでプレイしてる感じ。しかも音楽がまた懐かしい。とりあえずヨドに行った折には今度もプレイすると思いますw


 ちなみに、今回は説明モードで勝利しました。




なんスかこれはwwww

一目見ただけでもう釘付けですw 「ゼロヨン」というテーマもさることながら、なんじゃこのタイトルw
とりあえず、ゼロヨンチャンプ好きとしては外せないと判断したので購入予定に追加しました。
 Wiiの空きブロック数の話です。現在残り218ブロック。火曜にはシレンを落とします。流石に落とせるとは思うけどどうだろう・・・・w


 ちなみに、現在のチャンネル状況。(任意のもののみ)
・インターネットチャンネル
・投票チャンネル
[以下VC]
悪魔城ドラキュラ
いっき
グラディウス
スーパーマリオブラザーズ
ソロモンの鍵
忍者じゃじゃ丸君
忍者龍剣伝
星のカービィ 夢の泉の物語
迷宮組曲
リンクの冒険
PC原人
PC原人2
邪聖剣ネクロマンサー
スーパースターソルジャー
スプラッターハウス
弁慶外伝
ボンバーマン'94
ソニック・ザ・ヘッジホッグ
ベアナックル2 死闘への鎮魂歌
モンスターワールドⅢ
アクトレイザー
カービィボウル
かまいたちの夜
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
シムシティ
真・女神転生
スーパードンキーコング
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
超魔界村
ブレスオブファイア2
ヘラクレスの栄光Ⅲ
マリオのスーパーピクロス
スーパーマリオ64
スターフォックス64
マリオストーリー
 ここのところゼルダ・DQS・ZXAとアクション続きだったんで、まったりじっくり落ち着いて遊べるゲームを。

 ゲーム内容は推理物のテキストアドベンチャーです。プレイヤーは神宮寺三郎となって、状況に応じて「見る」「話す」などのコマンドを駆使して事件を解決に導いていきます。途中暗号を推理したり暴漢や犯人との格闘(といっても選択肢を選択するだけですが)があったりと、ただ読み進めるだけではない内容となっています。
 ボリュームはこの手のテキストアドベンチャーとは思えない大ボリューム。単純計算で、全シナリオをとりあえずクリア(やりこみ要素は無視)を目指したとしても30時間弱はいるんじゃないでしょうか。やりこみ要素としては、物語中に散らばっている4文字のパスワード集めがあります。
 さて、このゲームに関して言えば重要なのはボリュームよりも雰囲気の類かと思います。神宮寺にはヘビースモーカーという設定があるのですが、なんとゲーム中でも実際にタバコが吸えますw これはいわゆる「ヒント機能」のようなもので、次に何をすべきかを独白形式で教えてくれます。が、その内容は正直どうでもいいですw このシステムに関しては「タバコが吸える」ことが重要かと。ジッポの音もリアルで、思わず無駄に吸ってしまうこと請け合いですw
 前述のパスワードですが、それらは入力するとおまけを楽しむことが出来ます。それらのおまけは、本編とは似ても似つかない(といっても、謎の事件簿はあんな感じらしい?)ギャグ路線となっておりますw 本編とのギャップもあって腹筋がぶっ壊れること請け合いw

 実はこのシリーズを初プレイだったのですが、なんともよく出来たアドベンチャーです。思わずコーヒーを片手にプレイしたくなる空気ですね。


レビュー時プレイ時間:約6時間(探偵神宮寺三郎シリーズ1~3クリア)





スライムは なかまになりたそうに こちらを みている。
 待望のドラゴンクエストがようやく来ました! もう待ちに待った!!!

 ゲーム内容は剣神をベースにRPG要素やストーリー、仲間などのさまざまな追加要素を投入してあります。結果、「縛りプレイ」の幅が飛躍的に広がりました。まあ、まずは普通にクリアしてから、ですけどもw
 今回はリモコンの仕様上なのか、剣のように振るよりもポイントロックを駆使した上で手首から先でクイっと振るほうが正確に攻撃できます。また、盾の出しやすさは剣神とは比較になりません。これは実にやりやすい。ボス撃破後の「とどめ!!!」も健在で、アバンストラッシュを撃つことも可能ですw
 今のところ3章の途中ですが、何気に敵が厳しいです。といっても、理不尽な強さというわけではないですが。最終的にそれなりの難易度に感じると思います。ボリューム的には、ぶっちゃけ「体感時間=実際プレイ時間×3」くらいの勢いですw 数字に直すと短そうですが、十分濃いので問題ないでしょう。
 用意されたやりこみとしては各種ミニゲームやステージごとのスコアアタックがあります。一応、両方ご褒美あり。他には剣の派生を極めたりメダルコンプが用意されたやりこみになるのかな?

 とりあえず、いわゆる「ドラクエ」ではないですね。まあ、アクションな時点で分かるとは思いますが。ただ、面白さは折り紙つきですし、上述のとおりやりこみの自由度がすさまじく高いので、やりこみ派の方は是非手にとって欲しいです。そうでなくとも、「ドラクエの世界に浸りたい」と言う人はやらない手はないでしょう。

レビュー時プレイ時間:約3時間
またなんか来ましたw

 任天堂がかねてより「ヘルスパック」として発表していたタイトルが正式発表されました。その名も「Wii Fit」。これには、板(名称未定)がついてきます。具体的にはこちらをどうぞ。
 さてこの板、リモコンのような「標準装備」ではないため流行るかどうかは未知数ですが、リモコンと組み合わせることで今までのゲームを一変させるだけのものを秘めていると私は思います。まず、単純にこの板だけでいくつがゲームが用意可能な点。これはもはや、「リモコンすらいらない」ゲームの誕生です。コントローラーは体。なんというリアル。この方向性はWiiFitや、おそらく出るであろう板対応のメイドインワリオシリーズで本領が発揮されるかと。
 また、目線を少しずらして考えてみた場合、例えばリモコンと組み合わせることでタイムクライシスの操作系を完全再現することも可能でしょう。板をボードに見立てればスノボやスケボー、サーフィンのゲームも出せるでしょうし、リモコンとヌンチャクを手に持って板で重心移動を感知すればスキーゲームだって可能かもしれません。重心移動という意味でなら、任天堂がかつて出していたウェーブレースだってこの板で化ける可能性がある。また、FPSの移動をこの板に一任すればより没入感の高いプレイが行えるかもしれません。
 そして、ここが一番重要なことですが、「私のような素人」が考えてもこれだけのことが思い浮かぶ柔軟性。これをもし、あのリモコンを考え出した任天堂がアイデアをひねり出した場合どうなるか。考えただけでわくわくします。

 もちろん、Wii Fit自体も楽しみですが、この板はそれだけで終わらせるにはあまりに惜しいデバイスと言えるだろうと、私は思います。
 まあ、ほかにもセガスポンジとかたれぱんだストラップもありますが。とりあえずメインともいえるであろうこれの紹介を。


 これ、洋物のパソコンゲームです。3Dです。

まさか動くとは思いませんでしたw

 だって私のPCノートだし~w まあもらったことが無駄にならなくてよかったけどね。
 ゲーム内容はFPSかと思っていたらまさかのFPRPG。日本語訳すると「一人称RPG」です。そう、私が捜し求めてやまなかったジャンルです。日本のゲームで言えばキングスフィールドやシャドウタワーのようなやつです。あるいは、今度X-box360で出るオブリビオンのような。
 ただ・・・・・要するに「RPG」なのでテキストが全然読めないwwww 今のところはまだ手当たりしだいで何とかなってますが、この先本格的な謎解きが用意されていれば進めるのを断念せざるを得ないかも。これがFPSやアクションならテキストを読む必要もないんですがね~・・・w
 今日は七夕ということで(いや関係ないがw)、久々にオフに参加してきました。今回の参加者はかなんさん愛さんひでぽんさんあむかさんkuroo0さん、コイさん、森氏さん、春五さん、そして幹事のた~さん。
 まずは一次会ということでカラオケ屋へ。今回は当初の目的どおりゲーム大会とあいなりましたw 中でも扱ったのが脳トレのお絵かき対戦。後半、ウケ狙いのほうが多くなってきて「絵」かきですらなくなってしまいましたがw ほかにはマリオカートやテトリスで盛り上がりました。
 そして二次会は飲み。この際、雑談で幼少の頃のゲーム思い出話をしたんですが、なぜか「年齢詐称」の疑惑がw 兄がいる分多少ずれてるかもしれんが、そこまでひどかないだろうw ここでは、やはり今回も料理が余りましたw まあ途中でゲームやってたりするからかもしれませんが。
 最後に三次会のカラオケ。今度は、昼と違いちゃんとカラオケですw またも熱唱を繰り返し、早々にのどをつぶしてしまいましたw とはいえ、歌好きは止まらないというわけで、つぶしてからもちょくちょく歌ってはいましたがw
 三次会が終わって時間も時間ということでお開きに。いやはや、今回はいいストレス発散になった。




 しかし、そんなに同年代とゲームがずれてるとは思わないんだがなあw
新感覚ヒーロー見参!


その名も・・・・絶叫戦士サケブレイン!!!

えー・・・・



これはねーよwwww

冷静に仕様を見てみると、どうやら2~3人プレイ専用ソフトとのこと。さすがに、これは流行ることはないでしょうね。まあ、売り物じゃないクラニンプレゼントという立場を利用してこういった実験作を出してくるという、その試みは面白い。

あ、ちなみに当然即申し込みしましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。