ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 実は買ってましたw FEが終わったので今はこちらに移ってます。

 ゲーム内容は「ハンターとなってモンスターを狩ったりしながら装備を強化しつつクエストをこなしていく」というアクションゲーム。協力プレイも可能ですが、そちらは環境が整っていないため未プレイです。
 実は前作にあたるモンスターハンターポータブルもやったことがあるんですが、そちらは途中でやめてしまいました。具体的には、イャンクック登場のあたりで。敵が強いというのもまあ理由の一つではあったんですが、前作はロードが長かった。そのため、エリア間移動でロードの入るこのゲームでは「戦闘中ふっ飛ばされる→ロード→別エリアへ→元のエリアに戻る→ロード→戦闘再開」というのがしばしばあった。
 今作では、その辺が改善されていました。とはいっても、エリア間移動の際に行われるロードをなくすことは出来なかったようですが。代わりに、「BGロード機能」という、いわゆる裏読みを駆使することでロード時間の短縮を図っています。そのおかげで完璧とまでは言いませんがかなり改善されています。ただし、代償としてバッテリーの消費が凄まじいらしいですが。
 また、ロードそのものではなく「ふっ飛ばされてエリア移動」という悪循環をなくすという方向でも対策は取られています。簡単に言えば、敵が弱くなっているんです。前作と比較して。両方でイャンクックと戦ったのでこの点に関しては自信を持って断言出来ます。前作より弱いです。とはいえ、弱すぎるというわけではなくそれなりの歯ごたえはしっかりとあります。
 この改善方法、個人的には歓迎したいです。何しろ、前作についていけなかった人間ですのでw ただ、コアなモンハンユーザーにしてみれば少々温く感じるのではないかという危惧を覚えるのも事実です。この点に関しては、私のような新参者ではなく一作目からやっているユーザーに聞いてみないとわかりません。
 蓄積要素については、ちくちくと素材を集めて装備を強化していくのが地味に楽しいです。ただ、虫捕り網やピッケルは壊れない物があってもいいんじゃないかと思いました。何しろ、1クエストで捕れる素材数が有限なのだから、道具のほうには制限などなくてもよかったんじゃないでしょうか。あるいは、道具は壊れてもいいので獲得素材数を無限にするとか。

 総合的に見て、まあこれほどまでに売れる理由が分かる気がしました。つっても、一応完全に「初めて」ってワケではないので変な言い分ですがw ゲームとしての出来は良作ですね。色々とアクというかクセというかがあるので万人に勧めるのは厳しいかもしれませんが、既にPSPを持っているのならばお勧めします。


レビュー時プレイ時間:約9時間
スポンサーサイト
正確には「昨日クリア」。所要時間は42時間、難易度はノーマル。ハード以上は難易度的に無理と判断し売却。まあまた安く買い戻せそうならチャレンジしてみてもいいかも。

今回は久々に徹夜してしまいましたよ。それも、ゼルダのように「徹夜しよう」としたんじゃなく、まさに「気がつけば徹夜してた」状態w 一週間以内でクリアするくらいにのめりこんでましたw
まあ、色々言いたいことはありますが今ネタバレするのは確実に早すぎる。なので、これだけ言うことにしときます。



サザ=二代目ルイージだと声を大にして言いたいwww
 まあ、もはや説明の必要はありませんね。ファイアーエムブレムの最新作です。

 内容もいたってオーソドックス。今時珍しいくらい基本なSRPGです。今回新要素として「高低差」の概念が追加されましたが、これももはや他のSRPGでは使い古された要素でしょう。
 操作方法はリモコンの縦持ち・横持ち、クラシックコントローラーにGCコントローラー対応。クラシックコントローラーとGCコントローラーは試していませんが、まあスーファミ時代のFEや蒼炎と同じ操作性ということになるので、操作しにくいということはないでしょう。なので、取り上げるのはリモコン操作のみで。全てをボタン操作でおこなうので、リモコンを振ったりポインティングしたりはありません。基本的に私はリモコンの横持ちをオススメしたいです。結構すっきりまとまってます。振動もあるしワイヤレスで気楽にプレイできるため、個人的にはオススメです。縦持ちも慣れればそれなりに使えますが、やはり横持ちには劣るかと。「ながらプレイ」をしたい時ならアリかもしれません。
 難易度はノーマル・ハード・マニアック。今回マニアックはハードをクリアしたら遊べるようです。私は、当然の如くノーマルで挑戦w ノーマルでは、ハードと比べて人物相関等に関わりストーリーに直接は関わらない会話がいくらかカットされているとのことですが、今のところそれによる弊害はあまり感じません。まあハードをやっていないのではっきりとは言えませんが、少なくとも「ストーリーが分からない」ということは今のところ全くありません。

 総合的に見て、やはり非常にベタな「安心できるSRPG」です。死んだら蘇らないのもそのままなので、特攻の際にはお気をつけを。私は不注意で既に一人戦死しましたw


レビュー時プレイ時間:約4時間
『押忍!闘え!応援団2』発売決定! 任天堂発売スケジュール更新 / DENGEKI Online.com


当然、注目すべきはここ。

今回新たに更新された情報としては、人気リズムアクションゲーム『押忍!闘え!応援団』の続編となるDS用ソフト『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2』が2007年内に発売されることが決定





奴らが今ひとたび帰ってきた!!!

もう今から楽しみでしょうがない。もちろん発売日買いですよこれは。
マイクロソフト、Xbox 360「ブルードラゴン」
追加コンテンツ「強くてニューゲーム」を無料配信 / GAME Watch



新年早々反則的な強さになるメカット強化パーツが配信されましたが、続けてコンテンツ配信です。今回は強くてニューゲームと高難易度モードとのこと。
強くてニューゲームは今更説明の必要もなく。というか、読んで字の如くですしね。高難易度モードはどうやらハードとスーパーハードがあるらしく、なにやら後者になるとラスボスはレベル99でも厳しいかもとか。どこのラギュオラギュラですかw
もちろんダウンロードはしますが、多分強くてニューゲームしかしないでしょうね。苦労した敵を一撃で黙らせていく楽しさはクロノトリガーでよく分かってますし、実績稼ぎにも使えるし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。