ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 どうにも波に乗り遅れた感がありますが、まあレビューを。

 ゲーム内容は単純明快、ただ「潜る」。キャラ同士の友情だの恋愛だの軋轢だのは一切有りません。当然、主人公達が真実を知って苦悩したりもしません。つーか、ストーリーはあってないようなもんですw というか、キャラクターは自分で作成するので決まった「設定」などありません。
 システムはまあ良くある感じです。戦闘はベーシックなターン制コマンドバトル。特技等はレベルアップで手に入ったスキルポイントを割り振って習得・強化していく。基本から外れた部分にあるシステムとしてはブーストがありますが、これもまあ他のゲームではよくある類のシステムです。一時的に能力をアップさせる、というもので、ゲージは戦闘で徐々に溜まっていきます。
 このゲームの特徴は、やはり今時珍しい難易度とマップでしょう。まず、このゲーム、今時珍しく敵が強いです。一例として、作成したキャラクターの初期HPが25ほどで、最初に出会う、いわばドラクエにおけるスライムにあたる敵から8~12ほどのダメージを食らいます。最大3匹が同時に出現するので、その凄まじさはある程度分かるかと思います。また、F.O.Eというシンボルエンカウントモンスターがいるのですが、彼らがまた強い。こちらは、平気でワンパン制裁をかましてくれますw さらに、毒にかかると、割合ダメージなんて生温いことはなく1ターンあたり25点持って行ってくれますwww 戦闘終了後に毒がなくなるのがせめてもの救いですw
 もう一つの特徴であるマップですが、このゲームはオートマッピングではありません。いや、一応床だけはオートマッピングにも出来ますが。では、マップはどうするのか。そこで下画面の出番なわけです。つまり、「マッピング」するんです。かつて方眼紙にダンジョンマップを記していったように。自分でマッピングするものは、床(オート設定も可能)・壁・宝箱・アイテムポイント・イベントポイント・昇り(下り)階段と、文字通り「全て」です。さらに、メモ機能も用意されているので、イベントポイントにメモで「要注意」と記しておいたりすることも可能。難易度の高さゆえに全滅の危険が常に付いて回りますが、全滅時はゲームオーバーながら、マップデータは保存できます。

 この手のゲームは、とにかく延々と猿のようにプレイしてしまう中毒性があるわけですが、少し(というよりも、現時点ではただ一点)残念な点が見受けられます。それが、操作性です。
 例えば、買い物時に現在の装備と商品の性能比較が出来ないこと。まあ、これは昔を感じさせる為に「敢えて」そうしているのだと思いますが。私が感じた不満は、メニューの一番浅い段階で表示される簡易ステータスにレベルの表示がないことと、ステータス画面等でLRや左右を使ってキャラクターを切り替えることが出来ないこと。延々と、それこそ延々と潜り続けるゲームなだけに、こういったほんの小さな不満が結構響いてきます。

 総合的に見て、まあウィズを参考にしているんだろうと感じられる部分はそれなりに見受けられました。と言っても、インタビューで「ウィズではない」と言っているだけのことはあり、ウィズとは似て非なるゲームとなっています。この手のコア向けジャンルはどうしても原理主義者が発生しがちですが、そうでないなら充分楽しめると思います。キャラ絵が気に入ったので、という理由で購入を検討しているのであれば、止めはしませんが難易度等をよく調べて納得のうえで突撃することをお勧めします。決してヌルくはありません。


レビュー時プレイ時間:約5時間
スポンサーサイト
"ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII"3人のキーマンにインタビュー / ファミ通.com

鳥山 『FFXIII』の召喚獣はメカの一部のようなデザインになっています。シヴァは変形して合体し、バイクになります。召喚獣の扱いはこれまでの『FF』と大きく変わります。プレイヤーが召喚することは変わりませんが、そのさきはまったく違うものになります。

相沢浩仁(以下、相沢) さきほどからお話の中に、「クリスタルに守られている」、「生み出した」など、クリスタルが意思を持ち、擬人化された状態で語られていますが、『FFXIII』では、クリスタルとはそういう存在なのですか?
鳥山 従来のただの石とは違いますね。"ファブラ ノヴァ クリスタリス"の作品ごとに扱いは変わりますが、『FFXIII』では、現実にある何かを生み出す力を持った存在です。




なんというかね・・・。サイボーグ化とかそれもはや召喚「獣」じゃねえだろ。幻界の民は機械仕掛けですか。
まあ、こっちは百歩譲って良しとしよう。だが、だがな・・・・

従来のただの石とは違いますね




世界の理を司る、ファイナルファンタジーの根幹とも言うべきクリスタルが「ただの石」ですか(怒


もうさっさとFFに関わるのをやめろ。いや、やっぱいいや。もうFFは諦めるから、さっさと滅んでくれ。
 流れとしてはエキサイトバイクの流れらしいですが、エキサイトバイクはやったことありません。

 このゲームの内容は、なんと言えばいいんだろうか・・・w 「コースを周回してポイントを稼ぐ」ゲーム、というのが一番的確な気がする。少なくとも「レース」じゃないです。
 ルールとしては、ドリフト・ジャンプ・エアスピン・クラッシュ(!?)・スマッシュ(敵車への突撃www)等のスタントを駆使して一定量以上のポイントを稼ぎつつ、時間内にゴールするというもの。高順位でゴールすればボーナスポイントがもらえます。が、リザルトに順位は記録されませんw まあ、1位でゴールした場合のみトロフィーポイントがもらえるので、やりこむ場合は1位を目指すことになりますが。
 初めてゲームをプレイする時は、トレーニングの基本1をやるまで他のモードが出来ません。まあ、操作方法が一新されているので、トレーニングは最初にやるべきだと思いますのでこれに文句はないです。結構色々な操作があるし。
 マシンは最初は三台。後に解除されていくみたいですが、まだ条件は分かりません。また、SDカードにMP3ファイルで保存しておけば、お気に入りの曲でプレイすることも可能。パッと見のモード数、という意味ではボリュームは少なめに感じますが、奥深さ(トロフィーポイントコンプ等)という意味ではかなりのボリュームと考えていいと思います。

 とにかく、これはもはや「レースゲーム」じゃありません。「アクション」ですw また、その馬鹿っぷりや爽快感は予想通り凄まじい物があります。深く物を考えずにとにかく爽快感に溺れることの出来る一本です。


レビュー時プレイ時間:約2時間
実は、今日「新着」表記のあるPSUのデモを発見し、どんなもんかと落としてみたわけなんですが、Liveのみでしかも繋がらないというオチ。何故なんだと色々調べてみたんですが・・・


PHANTASY STAR UNIVERSE オフィシャルサイト

Xbox360版「PHANTASY STAR UNIVERSE World Premiere」開催決定!
開催期間 10/13(金)18:00~10/21(土)15:59




何故今更?
ボタンとタッチペンで2人同時に遊べる“たすけあいアクション”
フロム・ソフトウェア、DS「くりクリDS おたすけアイランド」 / GAME Watch


DS用「くりクリDS おたすけアイランド」は、DSの上画面と下画面で作業を分担された2人のキャラクタを操って、仕掛けや謎を解いていくアクションゲーム。




うーむ・・・・w これはまたフロムからは到底想像も出来ないソフトだなあ。まあ元ともいえるPS2版「くりクリミックス」もフロムなんだが。ちなみに、くりクリミックスは「二人プレイ専用」だそうでwww
DS版のほうは一応「二人プレイも出来る」となっているので、多分一人プレイでも出来るとは思いますが・・・。雰囲気やグラフィックは到底フロムらしくないが、この「尖り具合」はある意味でフロムらしいといえなくもない・・・か?w
お詫び:「PS3のSIXAXISがエミー賞受賞」は嘘 / engadget japanese

次からソニーの公式発表がソースの場合は「(※ただしソースはソニー)」と但し書きをして信憑性のほどを示すようにしたいと思います。




しかし、相変わらずここは皮肉が利いてるな・・・・w まあ、この逆風の中こんなことをすれば当然の結果ですな。それが故意であれミスであれ。うちでも採用しようかなあw
 いやはや、Xbox360の体験版配信って凄いね。こりゃ予想と違う内容でガッカリってのも減るな。

 てなわけで買っちゃいました。ストーリーはやはりエッグマンの野望を阻止するというもの。カギはまたカオスエメラルド?
 ゲーム内容はソニックアドベンチャーの進化系という感じです。右スティックでの視点操作があるので、ソニックアドベンチャーよりは遊びやすいと思います。難易度も、結構セガらしいですw 「ソニック」には欠かせないスピードと爽快感は今作でも健在。というよりも、画面が綺麗な分最高なんじゃないでしょうか。レースゲーとかで、画面が綺麗だと速度が早く感じるアレです。ホーミングアタックで敵を次々に撃破していく、あの爽快感もそのまま。
 今回のソニック、ロードが正直気になります。一回一回の長さはまあ「長い!!!」って程ではないんですが、如何せん頻度が凄まじい。とある場所では、ステージクリア~ボスの合間に4回ありました。まあ、合間にムービーもあったわけではありますが、それにしても多いw
 あと、こちらは個人的に気になる点なんですが、ソニックにリアルな人間はいりませんw 違和感バリバリです。ソニックアドベンチャー1のようなデフォルメでいいのに。

 「ロード」という唯一にして最大の欠点こそありますが、ゲーム自体は良い出来です。それ故に勿体無い。「ロードには慣れてるぜ」という人なら手を出しても損はしないと思います。


レビュー時プレイ時間:約2時間
 丁度実家に帰っていたのもあり、遅蒔きながらWiiの新機能を体験しました。でもって、このブラウザ機能。はっきりいって、もともとさほど期待してませんでした。だって、所詮ゲーム機のオマケじゃん。使いやすさを期待するほうが間違ってる。


いや、使いやすいねこれwww


 当然PCにゃ劣りますが、ネットサーフィン程度なら十分。ブログの更新もその気になれば。これは個人的には最高の機能ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。