ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
要するにクラニン履歴です。なんとなく今年もやってみる。
スポンサーサイト
 DS発売時から騒がれていた核弾頭が、ついに投下です。タイトルで「任天堂」とすべきか「ポケモン」とすべきかちょっと悩んだけど、まあ任天堂でいいよねw

 ゲーム内容は「ポケモンを集めて育てて四天王撃破を目指しつつ図鑑を完成させる」というもの。当然、途中色々なイベントがあったりもします。今回は「ギンガ団」を相手に、おそらく「ディアルガ・パルキア」を軸にしたストーリーが待っていると思われます。
 このゲーム、まあ初代から比べればかなりストーリー色も強まってはいるんですが、ぶっちゃけ「そんなのオマケ」と感じてしまうくらいに他の部分が盛りだくさんです。まず、対戦に関してはワイヤレス通信による対人戦に加えてWi-Fi対戦。さらに、コミュニケーションに関してはWi-Fiによるボイスチャットが。なんと、今回は対戦中の声まで拾うとのこと。
 また、ポケモンそれ自体に大変魅力があります。最初の三匹を筆頭に様々な「可愛い系」が揃っています。もちろん「キモカワ系」や「カッコイイ系」も完備。気に入ったポケモンを育ててるだけで軽く数時間は経ちますw

 気になる点としては、これはダイヤ・パールに限らずこのシリーズ特有の点なんですが、移動の仕様ですね。このゲームは、他のRPG同様キャラを操作して旅をするんですが、そのキャラの動きにクセがあるのです。例えば、軽く右を押した場合、右へ一歩進むのではなく「右を向く」のです。個人的には、この挙動には未だに慣れません。これのせいで、草むらであっちこっち向いて一歩も動かずにエンカウントとかザラですw
 また、「ボタンが増えたにも関わらず便利ボタンは一つ」「アイテムの自動整頓が未だにない」等の細かい点が少々気になります。とはいえ、これら全てが今作の不満というよりも「シリーズの不満」となるのですが。最後に、最もタッチパネル操作とぴったりあいそうな「ボックス管理」が下画面で操作出来ないというのは正直いかがなものかと。


 気になる点も挙げましたが、はっきり言ってこれらは「重箱の隅」です。他がほぼ完璧なせいで、余計にこういった些細な点が気になるわけです。ゲームの出来としては、充分万人にオススメできるRPGだと思います。

レビュー時プレイ時間:約6時間



忘れてたw
ちなみにこれが私のコードです。

名前:トオル
1933 5271 5262
SNKプレイモアブースレポート「どきどき魔女裁判(仮)」などDSオリジナルタイトルが続々登場 / GAME Watch


ちょっと時期遅れでTGS関係の記事をピックアップ。
このSNKブース。某所でもの凄い注目されていたりします。というのも、DSに凄まじいオリジナルタイトルが発表されたからなんですが。そのタイトルが、以下の二つ。


どきどき魔女裁判(仮)

極悪人の少年、西村アクジが、神に遣わされた見習い天使ルルから魔女退治を依頼されるというアドベンチャーゲーム
アクジのやることは、魔女と思しき女の子を見つけだし、ドキドキさせて紋章を見つける、ということ
魔女らしき女の子の体にタッチしてドキドキさせ、隠された紋章を見つけ出す



電子メイド手帖 恋のいろは(仮)

和風メイド「いろは」が、現代の我が家にやってくる
1日5分のしつけタイムでいろはに物事を教え込んでいく
着せ替え的な要素も楽しめる




・・・・・・。まあ、何故盛り上がっているかは大方想像の通りですw とはいえ、実は私も一つ注目してたりするんです。これらと一緒に発表されたこちらを。

キミの勇者(仮)

情報としては「30分の大冒険」というコンセプトくらいしかありませんが。このコンセプトに惹かれて注目しているんですが、如何せん同時発表が上の二本なせいで影が超薄いwww どうにかなりませんかねこれw

というわけで、「キミの勇者」をプッシュしてみたいと思います。ま、業界人でもなければゲーム関係の仕事をしているわけでもない、ただの一介の学生に何が出来るってわけでもないんですが。しかも、舞台となるこのブログもはっきり言って場末もいいとこだし。まあ、私と同じく何かに触れた方がいたら是非コメントをお願いします。一緒に細々と期待しましょうw
一応まだ今日もやってはいるんですが、まあ私は昨日行って来てもう今日は行く気がないので。TGSでの個人的に最大の収穫を。

 マックスコーヒー:「もの凄く甘い」と一部で評判のジョージア。幕張近辺でしかないらしく、はぐれメタル的なコーヒー。


買いました。飲みました。はい、ついに体験しました。
以前から「一度飲んでみたい」とは思っていたんですが、なかなか見つけることが出来ずに昨日に至っていたというわけです。昨日ついに発見して購入。

さて、購入して早速一口一気飲みしたんですが・・・・


ウボヘアwww


TGS記事でも「コーヒーじゃない」と題をうっておりますが、まさにそれ。ものっっっっ凄い甘いwwww 飲み物じゃない、とまでは行きませんが、まあ飲めたもんじゃありませんw
行って来ました。早速レポートというか感想というかを。

 まず、当日の天候から。午後から日が出てきたりしましたが、基本的に涼しい一日でしたね。ジャケット着てても大丈夫だったし。


 で、これがチケット持ちの行列。中入るのに一時間くらいかかったかなあw


 今回は入口の様子。ちょっとモード選択ミスって写真が暗いけど気にしない。


今回はピンポイントで体験して後は流して終わりにしましたね。さすがにもう疲れる・・・・w では、とりあえずプレイしたゲームについて。

シレンDS
・マップは画面に重なって表示出来る(従来表示)
・未識別アイテムは1階から登場
・トラバサミではなく「影を縫いつけられる」罠発見
・呪われた巻物確認
・iダッシュはない模様
・レベルアップ「ヒーポフ→ホノオボウ」
・ダンジョンを戻れる(例:2F→1F)
・ボタン操作のみの設定に変更可能
・上画面「ステータス・居場所マップ(最初の街からテーブルマウンテンまでのどの位置かを示すマップ)・マップ・操作説明」
・+値の限界が武器ごとに違う模様

ダンジョンが戻れるのは正直改悪としか思えませんね。これだけは納得できません。あとは概ね予想通りで、実に満足です。

ピンキー
買い。

比較的難易度高い。「やさしい」「ふつう」の横にスペースがあったので、「むずかしい」が存在する可能性も充分あると思われる。プレイ中は左のキャラを見る余裕なかったw 音ゲーとしても充分高水準。

ルミナスアーク
・操作キャラを基準にした行動順がキャラ右下に
・確認した属性「火・雷・無・羽(おそらく風?)」
・タイトルに「おまけ」確認
・登場モンスター「コカトリス」
・左上に経過ターン数
・上画面にステータス
・会話シーンは上
・味方への巻き込み攻撃あり。槍で味方突いちゃったw
・十字キーと画面の相関性が分かりにくく、操作がやりにくい
・ワールドマップからステージを選択する形式

実に無難なSRPGです。もっとマーベラスクオリティかと恐怖してたんですが、面白いです。多分、フリーマップでのレベル上げも可能だと思います。


以下ネタ画像。

ちょんまげ
ちょいワルだもの
この屋敷何なんだ?
Wiiのプレイ風景その1その2
これで売られるのか
PS3なんか目じゃないぜ
自家用ロボット
今度は大丈夫かも
なんの映画だったっけか
ルービックキューブ巨大なの
これはもはやコーヒーじゃないw
プレイステーション3の20ギガバイト、49980円[税込]に価格変更! HDMI端子も標準搭載 / ファミ通.com


まあやっぱりかな、というのが正直な感想ですかね。「高い値段→値下げ」は常套手段ですし。

どっちにしろ個人的にはスルーですけど。高い。まず二万五千ですらそもそも素直に「安い」と感じられない商品なんだから、ゲーム機って。ましてや5万など何をかいわんや。
となるとソフト次第、「高価格」を無視できるだけの魅力をソフトラインナップに感じるか否かなんですが、私はPS3のそれからは欠片も魅力を感じない。それだけです。もちろん、PS3のそれに魅力を感じる人もいるでしょうし、それを否定する気も毛頭ありませんよ。
ネットの完全定額制もはや限界 事業者ら適正コスト検討 / FujiSankei Business i

ざけんな。

自分らで「大容量」を売りにしといて「キツイから」ってこれかよ。
ていうか、コンテンツ産業を云々っていうのはどうしたと。よく分からんが、ネット環境退化したらコンテンツ産業とか言ってらんないんじゃ?

まあ、俺の言いたいことはただ一つだ。
「定額制は死守しろ」。回線が不安なら通信速度を抑えるとか。
シレンDSが待ちきれずにゲット。まあ月315円だし。
やっぱり携帯電話だから操作性が悪いですね。まあ、ぶっちゃけそれ以上に気になるのが、一人暮らし唯一の連絡先である携帯電話のバッテリーを容赦なく食い尽くしていくという点なんですがw やはりがっつりプレイは難しい・・・・
ゲーム内容に関しては、以前Extraで痛い目にあったので正直避けてたんですが(存在自体はかなり前から知っていた)、なかなかどうして今回はいい感じのバランスじゃないですか。まあまだ最初のダンジョンしかやってないんですが。
前述の通りバッテリーは食いまくるので、がっつりプレイはGBAのトルネコ2に任せて(もうすぐポケモンも出るし)、移動中の電車内等でちょこちょこプレイしていこうかと思います。最近シレンともご無沙汰だし、まあシレンDS前のリハビリというか。やっぱりトルネコだと微妙に違うんだよ。

あと、TGSで903iシリーズ用の「風来のシレンMEGA」が出展されるそうなので、時間があればちょこっとチェックしてきたいと思います。時間があればね。もしかしたら、チケットは買ったものの面倒臭くなってTGS自体行かなくなるかもしんないしw
<当初の予定>
本体
ヌンチャク
ゼルダ
はじWii
Wiiスポ
おどリオ

合計:49,000円


<欲しいままに買った場合>
本体
クラコン+5000P
ヌンチャク
ゼルダ
はじWii
Wiiスポ
おどリオ
レッドスティール

合計:60,800円(レッドスティールを6800円と仮定)


<最終的な計画>
本体
ヌンチャク
はじWii
Wiiスポ
ゼルダ

合計:43,200円(ポイント使用:実質38,880円)



計算はこちらを利用させていただきました。

※追記※
やっぱりゼルダを追加しました。よく考えたら、ポイント還元でソフト一本分くらいにはなるし。
といっても、2ページなのでたいした情報量ではないのだが。情報元は全てファミ通。


タッチペン操作可能
基本画面は下
上画面は切り替え制、マップ・ステータス確認

新アイテム「連鎖の巻物」:床が「連鎖の床」になる(効果不明)。

チュートリアルダンジョン追加
パタパタペンペンの電撃回転アタック 効果:アイテムに電気を浴びせ「電気を帯びた道具」に変えてしまう
新モンスター:ヒーポフ
複数の階段がある部屋を確認、おそらく罠の一種か?
緑色のペケジ(毒?)

風来救助隊Wi-Fi対応
救助成功でご褒美
ご褒美でしか手に入らないアイテムも
複数人が同時に救助へ向かった場合、救助成功した全員がアイテム獲得可能

メインシナリオとグラフィックは初代を使用
シナリオボリュームは二倍
チュートリアルを含めダンジョンは4つ追加
ストーリーモード序盤のダンジョンは戻ることが可能(詳細不明)
モンスターのレベル上限が3→4に
合成は制限なし(印システム不採用ということだと思われる)
風来救助隊にて、様々な効果を併せ持つ特別な腕輪が手に入ることも
情報はこちら


ぶっちゃけサプライズは無いと断言していいと思う。まあ、クラコンのポイント同梱とかはじめてのWiiはちょっと驚いたけど。
ただ、個人的にはこの「妥当」が明らかになるのを今まで待ち望んでいたわけだから、もう大満足。後は体験会の日程発表を待つばかり。それと予約受付開始を。



ちなみに、今計算したら当日約5万飛ぶ計算にwww
12/2発売 25,000円
本体
リモコン×1
ストラップ×1
ヌンチャク×1
ACアダプタ
AVケーブル
スタンド
補助プレート
センサーバー
センサーバースタンド
単三電池×2

ゼルダ 12/2 6,800円
Wiiスポーツ 12/2 4,800円
 野球・テニス・ゴルフ・ボーリング・ボクシング
おどるメイドインワリオ 12/2 5,800円
はじめてのWii 12/2 4,800円 リモコン同梱
超執刀カドゥケウスNEO(仮称) 本体同時発売 アトラス
Elebits 本体同時発売 コナミデジタルエンタテインメント
街クル ドミノ(仮称) 本体同時発売 サクセス
Necro-Nesia(ネクロネシア) 本体同時発売 スパイク
スーパーモンキーボール
ウキウキパーティー大集合 本体同時発売 セガ
スイングゴルフ パンヤ 本体同時発売 テクモ
Wing Island 本体同時発売 ハドソン
コロリンパ 本体同時発売 ハドソン
SDガンダムREVOLUTION(仮称) 本体同時発売 バンダイナムコゲームス
縁日の達人 本体同時発売 バンダイナムコゲームス
たまごっちのピカピカだいとーりょー! 本体同時発売 バンダイナムコゲームス
レッドスティール 本体同時発売 ユービーアイソフト

リモコン 3,800円
ヌンチャク 1,800円
クラコン 1,800円 
クラコン・Wii5000ポイント同梱版 5,000円(数量限定)

・VC
ファミコン:500円程度
スーファミ:800円程度
ロクヨン:1000円程度
クレカ・Wiiポイントプリカで決済
MSX参戦

起動画面は「チャンネル」
バーチャルコンソールソフトやゲームキューブのソフトのセレクタ機能
あとは写真を見たり、天気予報を見たりできる

Operaブラウザはオプションで有償提供
2006年中にダウンロード提供するが、2007年6月まではプロモーションとして無償で提供する


一般向けの体験会
11月3日名古屋
11月12日大阪
11月25、26日東京(幕張)


今回の情報のまとめWii.com

まだまだ続く例のインタビュー



以下、今後のソフトラインナップ。
12月発売予定ソフト決まりだした!/特価品など / 楽天!そうたはうす

DS「風来のシレンDS」12月14日





来たよ来た来たついに来やがったあああああ!!!!
個人的に大好きなブログで、こんなものを発見。

白金のヨン様レストラン"高矢禮" 総合評価52点 「おごりでも行きたくない」


一瞬PS3が脳裏をよぎったのは秘密だw 某所で「皿だけ豪華な高級レストラン」って例えられてたしさw




とはいえ、まがりなりにも鮎が(少なくとも地元では)有名な場所で育った身としては、これだけは納得できない。笑い飛ばすことも出来ない。
そしたらこんなん見つけた。

FORMULA ONE CHAMPIONSHIP(仮)


まあ、出すのはいい。発売日未定なんてのも、そもそも新ハードなんだからロンチ以外はそうだろう。でもなあ・・・



こっち先になんとかしようよorz

いや批判とかじゃなくて。数少ない「F1」のゲームなんだからさあ・・・('A`)
DS新作情報について / Ranbling Man

10月19日グンペイりばーす
10月19日激闘カスタムロボ
10月26日いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS
10月26日テイルズオブザテンペスト
11月02日星のカービィ 参上ドロッチェ団
11月16日マジック大全



DQMジョーカー公式サイト

発売日:12/28
価格:5040円(税込)




個人的にはドラクエ以外はそれほど気になる情報ではないですか。まあマジック大全には嫌が応にも注目してしまいますがw
とりあえずドラクエが年末ということで、秋から冬にかけてがすこし楽になりました。
 考えてみればもう今月ですよね、あれ。昨日こっちに戻ってきて、今日早速予約してきました。
 ネット上では「ダイアモンドが人気」と聞いていたんですが、予約に向かった先ではパールのほうが予約状況いいようで。ちょっとビックリ。で、私はダイアモンドを予約して来ました。まあぶっちゃけどっちでもよかったんですが。
 何はともあれ、これで月末への備えはバッチリです。あとは時が来るのを待つのみ。のんびりチンクルでもやってますw



 ちなみに。何故ダイアモンドにしたかというと・・・・

どちらにしようかな天神様の言うとおり~♪ みたいなw
 なんか売り切れてるところもあるとか。いやー、世も末ですなw

 このゲーム、一言で言うと金です。一に金二に金、三四に金で五にも金。
地獄の沙汰も金次第。金こそ正義、貧困は罪。
まさにそんなゲームですw

 ストーリーは「35歳独身男がルッピーランドを目指してチンクルとして金を稼ぐ」というもの。自宅近くのタウンを拠点にとにかく金を求めて旅に出ます。
 タウンの住人もまたくせもの揃いです。というか、全員まず「金」ですw 話しかけるとまず金を求められるw そしてその金額に応じた対応をしてくる。額が少なければ門前払いです。当然、金は返ってきません。
 金を稼ぐ手段はいくつかあります。まずは敵を倒す。他のゲームでは基本です。これでも可能です。ただし、ちんけな額しか落としません。また、戦闘することでこちらも金を落とします。金がなくなれば死です。
 第二に、調合品を売りさばく。これが基本になるでしょう。金が少なくなってきたらこれで体勢を整えましょう。
 第三に、マップ作成によるバイト。マップには書き込まれてないオブジェクトがいくつかあるので、それらを○で囲むことでマップを完成させていくのです。タウンのマップ屋で内容に応じて金をくれます。完成したマップは買い取ってくれます。
 第四に、困っている人を助ける。そして、強請るのですw 限界ギリギリまで搾り取るのがベスト。度が過ぎると払って貰えないので注意。
 第五に、ダンジョン攻略。ダンジョンにはボスが存在し、それらを撃破することで大金が得られます。
 もちろん、チンクル一人でダンジョンに行っても無謀です。そこで、用心棒を雇う必要があります。用心棒に関しては特別で、仲介屋がいるので交渉に失敗しても(一部の用心棒を除いて)金が返ってきます。ただし手数料は取られます。
 気になる点としては、少々歩行速度が遅く感じますね。まあ35歳のおっさんがきびきび動くのもどうかとは思いますがw

 総合的に見て、実に黒くシュールです。まあパッケージからもにじみ出てますがw 万人に合うとは思えませんが、合えばかなりハマると思われます。


レビュー時プレイ時間:約2時間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。