ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ビットジェネレーションシリーズ後編です。そして、私が唯一「欲しい」と紹介時に感じたシリーズ作品です。

 ゲーム内容は・・・・まあ、「音」を重視したアクション、とでも言っておきましょうか。実は6種類のモードが用意されていて、それぞれ微妙にルールが違うんですよ。ここからは一番最初にプレイできるモード「サウンドキャッチ」を軸に紹介して行きたいと思います。
 サウンドキャッチは、その名の通りサウンドをキャッチしていくゲームです。画面下に白色の自機が表示され、画面上部から音が落ちてくる。この音を自機でキャッチするのです。「音」を重視した、と述べましたが、最初のうちは入門用とばかりにちゃんと音マーカーも表示されます。なので、それこそミュートでもプレイ可能です。最初のうちは。
 この音マーカー、プレイが進むにつれてだんだんと消えていきます。見えなくなるのです。そして、やがて完全に見えなくなる。そうなると、どうやってキャッチするのか。ここで「音」が重要になります。
 音マーカーからは名前の通り「音」が発せられていて、それらが左右どちらから聞こえるかでおおよその位置が掴めるのです。つまり、これらの「音」が左右均等に聞こえる位置にまで自機を誘導すればキャッチ可能というわけです。これがこのゲームの真骨頂です。全神経を耳に集中し、音源の位置を特定。その後、自機を誘導してキャッチ。さながら、気分は夜戦の兵士です。
 さらに、これらの音はキャッチすることでだんだんと集まって一つの曲となって行きます。この曲がまた素晴らしいのですが、曲が常になるということは、つまり次の音が聞き取りにくくなるということでもありますw この「音楽の爽快感」と「難易度上昇」のジレンマは実に見事だと思いました。
 他のゲームでは音を避けたり音の間を潜り抜けたり音を撃破したりと多種多様ですが、いずれも「音が重要である」という一点において共通しています。また、最初はサウンドキャッチしか出来ないといいましたが、このゲームは各ステージをクリアすることで次のステージ(モード)を開放する、という形式になっているのです。途中分岐もあるので、意外と長くプレイできると思います。

 やはり「音だけでプレイする」という点が万人向けから遠ざけているとは感じましたが、充分に新たな可能性を感じさせる一本となっています。

レビュー時プレイ時間:約1時間
スポンサーサイト
以前ジャンプか何かで見たテニヌ最新作のスキャン画像

えーと、まあなんてゆーか。


せめてスポーツゲームであってくれw いくらテニヌとはいえ、曲がりなりにもスポーツでしょうが・・・・w
 今朝突然兄から電話があり、「DSL買って来てくれ」
 その際のポイントで購入しましたダイアルヘックス。

 ゲーム内容は結構単純。三角形のマスがいくつもあるので、それを回転させて同色の六つで六角形にそろえると消えます。これを繰り返して、画面脇の指示通りにどんどん消していきます。例えば、「黄色のへクスを作れ」と指示が出ていれば(実際に文字で表示されるのではなく、画面脇に対応する色の六角形が表示されます)、ただひたすらその指示に従って黄色のマスを消していきます。もちろん、違う色もそろえれば消えます。フィールド一杯までマスが埋まってしまうとゲームオーバーなので、場合によっては指示を無視して手当たり次第に消していったほうがいい場合も。
 ゲーム内容は一人用の「ソロ」「エンドレス」に対戦の「VS」。対戦はやってないので一人用モードのみのレビューとなります。ソロをある程度までクリアするとエンドレスがプレイ可能になります。エンドレスでは最大へクス(消すことを「ヘクス」と言う)が記録されます。要するにハイスコア。
 とりあえずエンドレスが出るまではプレイしましたが、ルールが単純で、それ故に奥深く、充分にはまる要素は持っていると思います。ただ、個人的に引っかかった点として、難易度があります。いや、決して理不尽に難しいというわけではないんですが、ゲーム慣れしていないと厳しいのではないか、と。CM展開等から察するに、このシリーズのターゲットには普段ゲームをやらない層も入っていると思われるのですが、はたしてそういった人にはいきなりこの難易度はどうか、というのが少し気になりました。まあ、コアゲーマーの杞憂にすぎないのかもしれませんが。

 ちょっとした合間にやるゲームとしては充分だと思います。とはいえ、さすがに2000円となると少々割高に感じても仕方ないとも思いますね。あと、音楽はかなりいいです。

レビュー時プレイ時間:約2時間
 さて、検索能力は前編で述べたが、肝心の「実践」について。というわけで肉じゃがを作ってみました。グリーンピースは嫌いなので除外w

 まず最初に気になるのは、音声の認識力ですね。調理中の雑音ですら拾い捲るw 調理中に「ん?」「ん?」「ん?」と聞きまくるシェフwww たまに雑音で次の工程に進んでしまうこともあるので、この点は気になりました。逆に、音声を拾わないということはまったくありません。まあ拾い捲るくらいですしw

 調理工程の説明はこれでもかというくらいに丁寧です。これなら初心者も大丈夫ですね。


 で、完成品。




 なかなか美味く作れました。まあグリーンピース抜いたので色が凄まじいですがw
 まあ、ジャンルからしてゲームじゃないしw ちなみにジャンル名は「実践クッキングナビゲーション」。

 とりあえず検索条項を挙げていきます。

・全メニューから
・食材から(手書き対応)
・いろいろな条件で
  ユーザーメモ
  献立の種類
  ジャンル
  人数
  カロリー
  調理時間
  レシピの季節
  食べる時間帯
  作りやすさ
  食事シーン
  体の調子
  費用
・キーワードで
・セットメニュー

 検索内容はなかなか豊富です。音声認識もまあまあ。とはいえ、「実践」はまだなのであしからず。料理辞典にはかなり基本的なことから説明が載っているので、これを機に料理を始めるど素人でも大丈夫かと。


 うーん・・・・・書くことがないw 調理中の使い勝手については後編で。
日商簿記検定 3級


合 格!!!


良かったよ~・゚・(ノД`)・゚・。
 今更なんですが、何故か特価980円で売り出していたので買っちゃいました。剣神ドラゴンクエスト。実は、今まで欲しい欲しいと思いつつなかなか手を出しにくかったこの商品。




だって見た目これだしw

 外見だけ取ってみればどう見ても子供の玩具w 成人式を終えたいい大人が手を出す商品じゃないでしょw
 ですが、これ子供向けなのは外見のみです。中身はガチ。ていうかすげー面白い。
 基本は出てくる敵を切って捨てるだけ。これがまた気持ちいい。まあ今更だけどw 中盤以降はただ斬っていればいいというものでもなく、難易度も意外と高い。戦闘以外の進行は剣の切っ先を画面に向けてポインタを動かすことで行うので、さながら簡易Wiiといったところです。
 ただ、これすっごく疲れますw その意味ではいい年した大人には勧められません。死にますw 基本的にセンサーの感度が仕様上そこまでいいとは言えないのでそれのせいでもあるんですが、やってるうちにのめりこんでオーバーアクションをしてしまうんです。ボス戦が終わる頃には肩で息をしていること請け合いw まさに死闘ですw

 まあぶっちゃけ、今なら特価にでもなってない限り買わなくていいと思います。Wiiが待ちきれないなら買ってもいいかもw
 ちなみに、Wiiのロンチで出る「ドラゴンクエストソード」が剣神の流れを汲んでいます。Wiiは手首だけでプレイすることも可能とのことだし、感度もこれとは比べ物にならないでしょうから、のめりこんでオーバーアクションにさえならなければソードのほうは疲れないと思いますw
Wii対抗か,SCEが特許出願した画像認識使う棒状入力装置が公開 / Tech-On


 いやまあ、なんというか詳しいことは分からないんだけども。一箇所だけ引っかかって。

出願日は2005年12月5日で,2006年7月6日に公開された。



 これって要するに「衝撃の基調講演(ウィーコン初お目見え)を見てから特許取った」ってことだよな・・・よく分からんが、大丈夫なのか? その・・・・パk(ry とかの問題的に。いや「問題ない、俺の考え違いだ」ってんならいいんだけど。
 「DSでIT犯罪に挑む」というコピーでCMをやっているアドベンチャーゲームです。CM見て衝動買いw

 ゲーム内容は、コピーどおり「様々なIT犯罪に立ち向かう」というものです。ゲームの基本部分は従来どおりのアドベンチャーゲームです。移動し、調べて、会話して。調べる場所も「怪しいところをタッチ」という蘇る逆転方式ではなく、「リストアップされた場所を選択する」というこれまた従来方式です。いや、逆転裁判方式が今までになかったと言うわけではありませんが。
 基本となる「足を使った捜査」は従来どおりですが、このゲームの肝は「ネット」にあります。
 このゲームでは、PCを使って「インターネット」をすることが出来ます。といっても、実際のこの世界のネットではなく、ゲーム内の仮想ネット空間ですが。これがなかなかよく出来ています。
 まず、WEBに接続するとポータルサイトにたどり着くわけですが、その構造がまさにネットです。しかも、個人ブログまで用意されています。というか、2chまである始末ですw もちろん、こいった「再現性」のみではなく、その中に巧妙にヒントをちりばめているその「隠し方」が上手いです。要所要所でネットをさまよってヒントを探し出すことになるのですが、ただボーっと見ているだけではヒントにたどり着くのは難しいです。かといって、理不尽に難しすぎるということもありません。
 また、ゲーム中でハッキングやハッキング阻止を行うこともありますが、それらはミニゲームになっております。このミニゲームが予想以上にアクション性が高く、アクセントとして実にいい味を出しています。
 さらに、これは実際にプレイするまで知らなかったのですが、なんと各章を終えると「ランク」が表示されます。おそらく全クリすることで各章の最高ランクが確認出来るようになるのではないかと思われます。評価基準は分かりませんが、「華麗に事件を解決する」ことで高評価が得られるのではないでしょうか。例えば、ミニゲームをノーミスクリアとか。

 総合的に、古き良きアドベンチャーといったところでしょうか。月並みな言葉ですが、この手のジャンルが好きな人ならまず間違いなく楽しめると思います。

レビュー時プレイ時間:約3時間
 ニンテンドーDSを舞台に、新たなロックマンが誕生しました。まあ、実際のデビューはエグゼDSがあるわけですがw

 今回の「ゼクス」は、「ロックマンゼロ」の流れをひく横スクロールアクションです。シリーズを通じての世界観がきっちり出来上がっているために、ストーリー的な繋がりはほとんどない(実際のところは「この部分は過去作品のあのことだ」という風に当てはめることも出来るそうですが、そういったものを知らなくても単体で完結しているストーリーとなっています)にせよ、要所要所でゼロから引き継がれた世界観を匂わせています。
 ゲームシステムは、どちらかと言うとステージセレクトではなく探索型に近いです。ゼロシリーズで言うと1のシステムに近くなっています。基本はミッション(いわゆるステージ)をクリアしていくのですが、ミッションを選択した際に該当エリアへ自動的に飛ばされるのではなく、そこまで実際に向かわなければなりません。当然、ミッションを選択せずにステージを自由に駆け巡ることも可能です。
 ロックマンでおなじみの特殊能力も、今回はボスとの相性問題のみならず、入手することで「行動範囲が広がる」ようになっており、探索型の要素を積極的に取り入れていることがうかがえます。攻略に関わる「ミッション」のほかにも、サブイベントにあたる「クエスト」もあるので、一本道感は感じないと思います。
 さて、ロックマンと言えばその凄まじいまでの難易度が有名ですが、今作は控えめになっています。少なくとも、NEWマリオをクリア(コインコンプリートでなくエンディング)するまでに3桁はマリオを殺した私でも何とか進めることが出来ます。選択している難易度はノーマル。さらにアクションが不安な人でもイージーが用意されています。イージーでは「ダメージの軽減・敵の攻撃が控えめ・即死トラップ(針・マグマ)に触れても死なずにダメージ・穴に落下してもライブメタルが助けてくれる」といった救済策が採用されています。また、まだこれは未確認なのですが、「最高難易度も用意したい」と開発者が言っていたので、おそらく猛者のために「ハード」も用意されているのでしょう。

 総合的には、「2Dアクションのトップクラス」と断言できると思います。蒼月・マリオ・ゼクスが個人的なDSの2Dアクション三本柱です。慣れてくると、一度踏破したエリアを再度進む時に、もの凄いスピード感を味わうことができるはずです。

レビュー時のプレイ時間:約8時間
 まず真っ先に言っておきます。別に、FF3に関する不安情報を知っているとかそういうことは一切ありえないです。

 実は、今ペーパーマリオRPGをプレイしているんですがね。今現在終盤に差し掛かってプレイ時間は約27時間。まあ、昨今の据え置きRPGと比べれば短いかもしれません。が・・・・


私には長すぎるようで。


 どうやら、いつの間にか「RPGが合わない性格」になっていたようです。昔は「とりあえずRPG」だったのになあ・・・・。
 まあそんなわけで、私はおそらくFF3は買いません。まあ、「じゃあポケモンや(下で薦めてる)世界樹は何なんだ」と思うかもしれませんがw
「New スーパーマリオブラザーズ」開発スタッフインタビュー

マル秘情報1 ひみつのチャレンジモード

一旦コースの先に進むと、左方向や下方向に戻れなくなって難度がアップするのがチャレンジモードです。1度エンディングまで行ったデータでゲームを開始して、各ワールドのマップ画面でSTARTボタンでポーズをかけた状態で以下のコマンドを順番に入力してください。マップ画面の右上に黄色い矢印が登場したらコマンド入力成功。クリアしたことのあるコースだけ強制スクロールで再挑戦することができます。

入力コマンド:L→R→L→R→X→X→Y→Y




要するに「1・2仕様」で楽しめます、ということです。もちろん、一部コースでは適用されません。エンディングまで行った人ならどういうコースのことか分かると思います。これで、ネット上で「簡単だった」と感想を述べている猛者の方でも楽しめますね。
私はスターコインがまだ取れていないにも関わらず「ルイージ無血攻略・アイテム禁止」などやってたりするのですが、暇な時にでもこのモードに挑戦してみようかと思います。
ファミ通20周年月刊最後を飾る今週号。
ゲームと共に育った雑誌で、ゲームの未来が語られる。
そして、その紙面で新たな企業が誕生する。

その名も・・・・

スカウェア・エニックスwww


いやいやいやいや、このミスはねーだろw しかも文中でならまだしもトップ見出しでw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。