ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 バーバラサマキャンペーンで、気になる点がある。というか、正確には、このキャンペーンを利用した売名行為を行っているとある歌手に怒りを感じている。
 その歌手は、とある番組の「バンブラ追加カートリッジに曲を収録してもらおう」という企画の歌手である。その歌手が誰なのか、「とある番組」とは何なのか、この点については、それを教えることでこのボケ歌手の売名行為に手を貸すことになってしまうので伏せさせていただく。

 別に、コイツの曲がバンブラに入ることを否定しているわけじゃない。コイツの曲のファンが、「この曲はいい曲なんだ!」と言って投票が集まる(または呼びかけて投票を行う)のであれば文句も言うまい。だが、コイツのしていることは明らかに売名行為だ。「曲を知ってもらう」、ひいては「自分を知ってもらう」のが第一目的であって、「いい曲をいろんな人にやってもらいたい」というわけではない。そんなしょうもない理由で他の素晴らしい曲を演奏する機会を潰されてたまるか。
スポンサーサイト
応援団「華麗に応援」クリア!!!

 最終パートなんか、緊張で手が震えたw よくミスらなかったもんだw
 今日秋葉原で買ってきました。

さすがにこれは一線を越えたな俺w

 さて、まあタイトル・メーカー全て英語なことと、わざわざ秋葉まで買いに行ったってことから予想はつくと思いますが、これは外国のゲーム、いわゆる「洋ゲー」です。ジャンルはシューティング。
 アドベンチャーのノーマルステージ1をクリアした時点での感想としては、実に普通のシューティングです。最近のゲームと比べると弾幕は遥かに少ないです。ショットには4種類あり、タッチパネルをタッチすることで変更できます。この辺、ボタンが一つ余ってるんだからそこに割り振ってくれればもっとやりやすかったのが残念です。
 また、説明書も当然英語なのでショットの種類が全く分かりませんw かろうじて分かるのはノーマルショットとサイドショットくらい。結果、常にノーマルショットで結局メイン・サブ・ボムを駆使するオーソドックスなシューティングになっちゃいますw ああ英語力さえあればw
 シューティングとしては、最近の弾幕ゲーの傾向から逸脱している点が好印象で、出来についても丁寧な出来で面白いです。シューティングが好きならまず楽しめると思います。
バーバラサマ キャンペーン


 まあするだろうとは思ってたけどね。つかバーバラ様「画面が地味なのは準備が間に合わなかったから」って、ぶっちゃけすぎw
 今日バイトですっげームカツクオヤジがきやがった。ホントなんだあのクソオヤジ。
 最初ソーセージのありかを聞いてきたんですわ。で、一本なのかセットなのか分からんからとりあえず「この付近に」って教えたら、めっさぶっきらぼうに「単品。」ときた。そんなん知るか。
 で、そいつがレジにきたんですわ。でまあ、当然会計やりますわな。そしたら、こっちミスったわけでもないし特に遅かったわけでもないのに「早くしろ」だとさ。

ザケンナクソオヤジ。

 なんつーか、よく「最近の若いもんは」って言うけど、大人にもDQNはいるんだよね。
 最近、見たことのない電話番号から何度も何度も電話が来ていた。もうそれこそ三日も。

着信:0774283133

 一体誰だ・・・・・????; あまりにも何度もかかってくるんで、今日勇気を出して出てみた。

任天堂サービスセンターだったw


 うっわ、三日も放置してたよw すっげー失礼だwww
レッツパーーーーティィィィ!!!


 一部の人にしか通じないネタは置いといてw 応援団のレビュー行きます。

 まず、ゲーム内容はとどのつまり音ゲーです。リズムに合わせてタッチ、スライド。それだけ。難易度は結構高いです。一番低い難易度でもそれなりの譜面になっています。また、メロディ以外はそっくりさんではありますが、歌入りです。DSの性能を如何なく発揮しています。これで発揮するのもどうかと思わないでもありませんがw
 だが、このゲームのこのゲームたる所以はこんなことじゃありません。

この燃え滾る熱い魂こそが応援団の最大の魅力なのであります! 押忍!!!

 ・・・・ああ、そこ引かないで!!!www

 まず、パッケージからして熱いです。つーか濃いですw カラーリングも真っ赤だし。キャラも濃い濃い。団長なんかすげえよ。北斗の拳のほうがよっぽどマッチしてらあw
 応援する対象も様々です。受験生から馬から過去の人からなんでもござれ。応援団の登場の仕方も笑わせてくれます。まさに「バカゲー」としても一級品です。まだ後半のエピソードをやってないのでこんなんばっかなのかは分かりませんが、このノリは凄いです。

※追記※
 とりあえず「気軽に応援」(いわゆるイージー)をクリアしました。これでも音ゲーに慣れてない人は難しいと思います。つか私も何回か死んだ。
 ストーリーですが、後半は前半とは打って変わってまた別の意味で凄いです。
バーバラサマ キャンペーン


バーバラ様がお怒りだ・・・(((( ;゚д゚)))

 以下の曲を献上いたしますので、どうかお怒りをお沈め下さるようなにとぞ・・・・w


Level 42 (木村カエラ)
happiness!!! (木村カエラ)
ファンタスティポ (トラジハイジ)
黒毛和牛上塩タン焼680円 (大塚愛)
IDENTITY (布袋寅泰)
ハレルヤ (RAG FAIR)
* ??アスタリスク?? (オレンジレンジ)
キミはともだち (平井堅)
レボリューションについて、岩田氏&宮本氏 - Nintendo iNSIDE


 徐々に徐々に情報を出しつつありますね。今回気になったのは以下の点。


・DVDの機能は、外部周辺機器という形でなく、機械内部になる。
・Ethernetポートはないが、(レボリューションについている)USBポートにつけるEthernetアダプターを発売する予定。
・(作ることが)決まっているわけではないが、レボリューションのユニークなインターフェイスは『ピクミン』によくマッチしている。



 まず、DVDについて。確か以前は「外付けとして出す」って言っていたように思うんだが、内蔵になったのか。あと、イーサネットってなんだ?
 やはり、今回の情報で大きいものといえば、レボリューションのコントローラーについてでしょう。まだパズルのピースにしか過ぎませんが、謎解き好きの人は喜んで推測を働かせるでしょう。ピクミンによくマッチしている、ということはRTSにマッチしている、ということなんでしょうか。
ITmediaニュース:レコード会社がラジオ局に“賄賂”、ソニーBMGが是正に同意


待てソニー。

 今回の件は「ソニーBMG」の行動であって「SCE」の行動ではないのだろうが、だからといってこんなことがあってはSCEの側に回ろうとは思えない。「ソニーグループ」って点では一緒だし。こんな事やるようじゃ、いわゆるGKの組織的工作も一概に否定できないっつーの。ただでさえGKの存在は既に確認されてるわけだし。
 つーか「賄賂」って・・・。仮にGKがネット上で工作活動を行っていたとして、そんなんとは次元が違うがな。何法を犯してんだコラ。
 まあ、特に何か情報を手に入れたわけではないんですが。価格次第では意外といけるかもなーとふと思ったりしてます。

 というのも、DSにおけるGBAの位置づけ。基本的に、DSにとってGBAって「互換性」と言うよりも「拡張パーツ」なんですよね。例えば、今度出る(どーせ出るんだろ?w)「大合奏! バンドブラザーズ」の追加カートリッジ。あれなんかは純粋な拡張オプションです。他にも、純粋なGBAソフトも、DSの前では主な役割は「連動による付加価値開放」です。これの例はゴエモンやファミコンウォーズが挙げられるでしょう。また、これは風の噂ですが、「まわるメイドインワリオが振動パックに」とかいう話まであります。明らかに任天堂はGBAスロットを拡張パーツとして使っているでしょう。ここまで来ると、GBA互換はある意味「おまけ」です。
 で、こういった拡張パーツは当然そのソフトをやっている間挿しっぱなしです。その間GBAスロットは占領されます。ここで「ゲームボーイミクロ」の登場とあいなるわけです。
 もちろん、この場合はGBMが高ければ意味ありません。あまり高すぎたら「面倒だけど高い金出すよりは」ってなってしまいます。しかし、お手軽感さえ感じられる価格ならば、「せっかくだし」的な需要が見込める・・・・・・かもしれない。


 まあ、「安売りはしない」そうなんでこの妄想の実現は厳しそうですがね。価格次第では私も買おうかと。少なくとも、再販のスーマリは買いますw
Xbox.com :: COMPANY

マイクロソフト、「Xbox Summit 2005」開催 参入サードパーティなど続報が明らかに【速報版】


 本日開かれたX-box360の発表会です。フロム参入発表以来、買う気満々だった私としては、当然その内容が気になるわけですが、もう公式発表されていたみたいです。
 やはり気になる情報はソフトラインナップですね。上のリンクから確認できますが、とりあえずメジャーなところは以下のソフトでしょうか。


バイオハザード5
首都高バトル(仮称)
真・三国無双4(仮称)
ウイニングイレブン(仮称)
プロ野球スピリッツ(仮称)
ファイナルファンタジー11
デッド・オア・アライブ4
リッジレーサー6
機動戦士ガンダム(仮称)
スーパーロボット大戦(仮称)



 結構PS2から引っ張り込んできてますね。これだけのどれだけがマルチでどれだけが専用なのかは分かりませんが、こういったタイトルが出ないと予想していただけに、これはいい援護射撃になったでしょう。何しろ、PS2で明らかなように、ソニー系プラットフォームの最大の武器は「サードの数」で、それを失った場合に最大の弱点である「ファーストの弱さ」が露呈するわけですから。
 個人的には、リッジがX-box360で出るというのが意外でしたね。「リッジレーサー」といえば、PSの時からロンチタイトルとして活躍してきた、いわば「SCEの右腕」ですからね。どれだけMSが頑張ってもこれだけは引き込みに成功することはないと思っていたんですが。

 個人的に、今回の発表でやりたいと思ったのは「お姉チャンバラX」ですかね。時期が時期ってのもあるけど、なによりあの血飛沫飛び散る世界観がどれだけリアルな画像になるのかw 現在でもう18推だからなあ・・・・w
バーバラサマ キャンペーン


 現在約90万だそうです。集計をサボってたとのことらしいが、なんかやらせくさいよな??w まあ、追加カートリッジを出してくれればやらせだろうがなんだろうがどうでもいいですが。

 にしても、「ロクでもない曲ばかり増えた」ってw バーバラ様よ・・・

それは私のことか?w


↓参考資料

一回目の貢物
そして二回目
サクセス、Xbox 360に参入決定、「オペレーション・ダークネス」など2タイトルを発表


 まあ、情報と呼べるような情報じゃないんだが、個人的に気になったので。

だってZOO KEEPERだよ?

 これをどのようにX-box360でやるのか。さすがに「超リアルな」なんてこたなかろうし。オンラインの追加だけではさすがに弱いだろうし、その辺が気になるところである。
つるべい は にげだした!!!






 何やってんすか師匠w
 先日ウェーブバードでマリオベースボールを楽しんでいたら、急にウェーブバードが動かなくなりましたorz チェックリストに照らし合わせても該当項目なし。壊れた時も、普通にプレイしてて電源落として、しばらくして再開しようとしたら動かないw なんでやねんw
 で、任天堂にお問い合わせしたわけですが。早速メールが返ってきました。

なんですかこの丁寧な文面は。

 確実に手打ちだこれ。あんな「我侭か」と言いたくなるようなメールにここまで誠意を持って返信してくるとは・・・・御見逸れしましたm(_ _)m
 とりあえず、今日サービスセンターへ送ったので、2週間後に直って帰ってくるのを大人しく待ちます。
 ブログを引っ越したので心機一転して第一回から。今回のエントリーは「トランペット」「バイオリン」「双眼鏡」です。ではどうぞ。
「PlayStation Meeting 2005」レポート 久夛良木氏、PS3は「高いぞとは言っておく」


 いつの間にというのが正直な感想だが、こんな発表会があったのか。結構色々な発表がされている。
 まずレベルファイブの「ローグ・ギャラクシー」。ドラクエ8の出来がよかったし、次もドラクエを引き受けるんだろうなと勝手に思っていただけに、少し意外だった。それにしても、声優について話題になっているが、声優ってそんな重要なんだろうか。別になければないでいいじゃんとしか思わないんだが。つかどーでもいいよ。有名俳優や有名声優が声当ててるからってゲームが面白くなるわけでもないし。
 PS2の今後のソフトラインナップも発表したらしい。バイオ4って発売日未定なんだ。年末確定だと思ってたんだが。
 携帯機では、PSPが新色・最新OSアップデートの発表が行われた。てか、OSとかアップデートって、もはやゲーム機に使う単語じゃねえな。それはそうと、相変わらず使ってる「生産出荷」だが、そもそも生産出荷って何よ。 「生産」なら分かる。「出荷」も分かる。が、「生産出荷」なんて聞いたことねえぞ。
 OSのほうはブラウザ搭載ということで結構いいかもしれないが、果たしてどの程度訴求効果を発揮できるだろうか。まず自宅での使用を考えた場合、今の世の中PCに勝てるとは思えない。では外でとなるのだが、PSPはバッテリー等の関係で携帯性が高いとは言いがたい。
 最後にPS3。久多良木氏曰く「値段は今は言えませんが、高いぞとは言っておく」とのこと。

終わったな。

 世間で言われてる「PS3を買ってもいい値段」って、3万未満なんだが。抑えても3万越えは確実だろうに(これは仕方ないが)、さらに「高いぞ」って。確実に金に糸目をつけないマニアしか見向きしませんよ。
ニンテンドーDS ダウンロードサービス


隠し犬種登場。

 マジだ。任天堂マジだ。マジでPSP潰す気だ。むしろSCE潰す気だ。
 スポーツ万能なマリオファミリーがついに野球にまで手を出しましたw さらには今度サッカーまで出るらしいし。あれも「くにおサッカー」っぽくて気になるなあ。

 おっと脱線w ではマリオベースボールのレビューです。

 まず、このゲームの基本システムは「ファミリースタジアム」がベースになっています。今や野球ゲーム=パワプロなので念のため説明しておくと、ファミリースタジアムとはかつてパワプロが出るまで野球ゲームの代名詞として世間を席巻していた野球ゲームです。まあ、ナムコが関わっている(ファミスタもナムコ)しファミスタベースでもなんらおかしいことはありませんが。
 操作は、ファミスタらしくスティックとABボタンで基本的なものはほとんど行えます。まあ、進塁(帰塁)にはY(X)ボタンが必要ですが、オート設定も可能です。
 モードは、対CPU戦、対人戦が楽しめる「エキシビジョン」、一人用の「チャレンジ」、パーティゲームの「トイフィールド」、そして「ミニゲーム」の4種です。エキシビジョンはまあまんま昔からのファミスタです。マリオ野球ならではのギミックもありますが、違いはそれだけです。
 チャレンジは、「クッパチームを倒すために各地を回り、選手を補充し最強のチームを作り、クッパを倒す」というものです。もちろん、勝負は野球です。昔は姫君をさらったりと悪行を働いてばかりだったのに、クッパも丸くなったもんだw チャレンジでは、各チームの待つグラウンド・ミニゲーム・ショップがあります。ショップでは、ミニゲームで稼いだコインで買い物が行えます。基本的にショップでは次の試合限定の一時的強化が主な目的っぽいです。各キャプテンの必殺技も売っています。
 さて、肝心の「野球」の部分ですが、予想に反してしっかりと野球になってます。守備・投球(恐らく肩も表す)・足のステータスがあるので、「外野に強肩を」といったポジショニングも考える必要があるし、パワー・スピード・テクニック・バランスの4種類のタイプがあるので、打順も先頭打者やクリーンアップの概念を持ち込めています。何よりも、キャラクターが多いので「好きなキャラで行くか、能力重視で行くか」で悩むのが楽しいです。球場のギミックも心配でしたが、それほど頻繁に巻き込まれるわけでもなく、いいアクセントになっています。多分、「実名じゃなきゃいや」って人以外なら野球ゲームとしても充分楽しめると思います。
MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題


 夕方のニュース曰く、「国民のすべてが雅子さまの元気なお姿をお待ちしていた」らしい。

ザケんなコラ。

 「国民のすべて」だあ? てめーらになんでんなことが分かんだよ。そもそも、「全国民」が同じ事を思うなんざありえねえっつーの。
 北の「総書記マンセー」に対して何かと色々な意見を聞くが、その前に人の振り見て我が振り直せ。

※追記※(7/21)
 少々感情的になりすぎたのでフォロー。別に私は「天皇制をなくせ」だなんて言うつもりもないし、雅子さん(あえて「さん」とさせてもらう)が元気になって心から良かったと思っている。ただ、無駄にこういったことを持ち上げまくっているマスコミに対してザケんなと言いたいだけだ。
[SEGA]家庭用ソフト:ソフトデータベース:Xbox:クロムハウンズ(仮称)


 私、無類のフロムファンであります。そんな私だからこそ、当然のことながら「キングスフィールド」「アーマードコア(AC)」共に大好きです(現在斜陽だがorz)。
 で、X-box360の「クロムハウンズ」ですが・・・

これもしかしてAC潰し?

 と思ってちょっと調べてみた。ら、下のほうに「フロム」の名前が。何々、「製作:フロムソフトウェア」か。

なんだ、箱版ACか。
 今日バイトがあったんですよ。で、今日はシフトが以前からいた人と私(まだ始めて一ヶ月)ともう一人新人さん(私と同じくらい)だったんですよね。で、休憩になって一人ずつ休んだんですが、一番最初の新人さんがやけに長い。どうしたのかなーと思ってたら突然ベテランさんが話しかけてきた。どうやら、ベテランさんは休憩中の新人さんの様子を覗いたみたいだが、


どうやら電話してたらしい。


・・・・・・ヲイコラーー;
CESA、「年齢別レーティング制度」を活用した販売自主規制を開始

- CESAが"18歳以上対象"ソフトの販売の自主規制を発表 / ファミ通.com


 神奈川のGTA規制から始まった「ゲーム規制問題」だが、これで一応の終着点が見えたといったところだろうか。今後、CEROを利用した自主規制が行われるとのことだ。
 個人的見解を述べさせてもらうならば、今回の規制には賛成である。むしろ、CEROのレーティングを受け始めた時点で何故こうならなかったのかとすら思う。そもそも、ここまでリアルになってしまった以上、ゲームがプレイヤーに「全く」影響を与えないということなどありえない。もちろん、最近の犯罪の原因がゲームだなどというとんちんかんなことを言うつもりはないが、もはやゲームも小説・漫画・映画・テレビ等と同様の影響力を持っていると考えて差し支えないだろう。そういう意味で、今まで規制がなかった方がおかしい。書籍でも18禁の規制が普通に存在するのだ。
 あとは、行政の勇み足で実態を無視した規制が行われないようにすることが重要か。というか、行政に任せたら確実に実態とかけ離れた規制になるだろう。事実、神奈川の有害図書の規定基準などずさんもいいところだ。それだけは防がなければならない。


※追記※(7/20)
 言い忘れていたので、指摘される前に追記することにする。私は今回の件で業界が自ら動き始めたことを大いに評価するが、まだこれで完璧だとは思っていない。まあ、現状のコンビニでのビールやエロ本の売られ方を見れば分かろう。今後もゲーム業界には大いに頑張ってもらいたい。
 月二本までと言いつつマリサンを急遽買ったりと、案の定自制心のなってない私ですが、やはり欲しいものは欲しい。というわけで、今今月の資金を試算してみた。


・・
・・・
・・・・?
・・・・・!!!

マリオ野球買えるかも!

 今後の節約如何で資金がなんとかなるかもしれません。これは頑張って生きぬかねば。
 今「ポケモンXD 闇の旋風ダークルギア」のCMが流れました。はえーな任天堂。マリオダンレボ・マリオ野球・応援団・ポケモンと畳み掛けてますな。
 CMはゲーム画面を使用したオーソドックスなものでした。CM中のキャッチコピーは「ポケモンを本格RPGに」。

まあ確かに今までボリュームは据え置きに負けてたけどさ。 充分今までも本格RPGだったんじゃないのかよw


※追記※(7/20)
 キャッチコピーは「ポケモンを本格RPGに」でなく「ポケモンを新しい本格RPGに」でした。
- Kフェス2005開催! 講談社の人気キャラや新作ゲームが勢揃い! / ファミ通.com


 早くもKフェスのレポートが載っております。今のところファミ通のみ。今後発見し次第追加していきたいと思います。

 しかし、ファミ通さんよ・・・・

任天堂ブースは、なんと言って『マリオ』! ゲームキューブ用ソフト『スーパーマリオスタジアム ミラクルスタジアム』(7月21日)の体験コーナーは黒山の人だかり状態だったぞ。また、『押忍!闘え!応援団』(7月28日発売)や『やわらかあたま塾』(発売中)といったニンテンドーDSの新作ソフトの試遊コーナーにも、大勢のファンが殺到していたぞ。


これのどこが黒山の人だかり?
これのどこが大勢?


すでに発売中のプレイステーション2用ソフト『アイトーイ:プレイ2』と『怪盗スライ・クーパー2』を出展したソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン。とくに『アイトーイ:プレイ2』の試遊台には、多くの子供たちが飛びついていたぞ。


子供多いか?


※追記※(7/17)
 Game Watchのレポートが掲載。場所はこちら。バーバラ様の認知度は世界一w
黒すぎですよちょっとorz


 今日たまたま見てみたんだが、あんな教師ありえねえって。いくらなんでもヤバイだろこれは・・・・????;
 今日開催のKフェス行ってきました。やっぱり、WHFやTGSとかと違って客数がダンチで少ないです。会場到着から一切待つことなく入場。ブースの待ち時間も最長で20分でした。
 今回の目的は応援団とダイノジのみだったので、当初の計画では午前中にざっと見て回って昼には帰るつもりでした。が、ざっと見て回ってる間に任天堂ブースのステージ参加抽選券が三枚手元にw 結局一日居続けることになりました^^; 抽選券はそれぞれ応援団・マリオ野球・やわらか。抽選に選ばれたのはやわらかのみでした。結果は惨敗w 我ながら頭堅いなあ^^;
 さて、体験してきたゲームについての感想を。まずはマリオ野球ですが、これはまあ以前WHFの時に述べたので割愛・・・・と思ったけど、記事消えてるなそういえばw じゃあ簡単に。
 内容はファミスタなので、ファミスタを考えれば分かるかと。特殊能力は基本的に「致命」の威力があります。あと、ギミックのある球場もあり。今回体験できたのは対戦プレイだったのですが、さすがにこんなイベントに来るようなゲーオタと幼稚園くらいのお子さんとじゃあ、いくらギミックや特殊能力があっても実力差を埋めることは出来ませんでしたw
 次にやわらか。これはもう発売してるわけですが、思った以上に面白いねこれ。脳トレよりもゲームゲームしててとっつきやすいというか。そりゃあ売れるわけだわな。
 最後に、今夏期待の星漢塾・・・・じゃなくてw 応援団を。今までの情報で「タッチパネルを使った音ゲー」ということは分かっていたのですが、これが予想以上にゲームとして出来てます。タッチパネルのタッチ・スライドを上手く組み合わせていて、今までの音ゲーにない新鮮なプレイが楽しめます。また、上画面のストーリーは清々しいほどに馬鹿馬鹿しく、下画面の応援団達はこれまた清々しいほどに暑苦しいw 「バカゲー」かつ良質な「音ゲー」として、自信を持ってお勧め出来ます。バカゲーを求める人も音ゲーを求める人も是非ご一考を。

※追記※(7/17)
 人がいないといいましたが、「麻帆良祭」と称したネギまのブースとその周辺はまさに黒山の人だかりでした。恐るべしオタクパワーw


 最後に、会場で気になったものを収めた写真を。
ソニー、液晶ベガ「KDL-L28HX2」の無償点検・修理を実施


 こういうのって回収出来ないのだろうか? 「感電の危険性がある」ものを回収しないって、それでいいのか? 「使用を中止するよう」っつっても、今の世の中テレビ無しで生活出来ないと思うのだが。初めからテレビ使ってないならともかく、この場合今までテレビを使っていたのだからなおのこと。対象が16000台とあるが、この程度なら充分回収可能な気もするのだが。他にももっと出回ってる商品で回収騒ぎとかあったような気がするし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。