ティディウム・ダイアリー

その日その日で思ったことを徒然と書き綴っていきます。基本的に不定期更新です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「魔のレベル15」を抜け出し、改めて古代図書館へ。今回はレベル5デスも怖くないので実に順調です。まずは邪魔をする本棚を黙らせるためにイフリートをゲット。当然氷に弱いので氷のロッド二発でおしまい。撃破レベルは16・16・16・16。そのまま図書館最奥にいるビブロスを撃破。こちらは逆に炎が弱点なので炎のロッド二発で轟沈。当然撃破レベルは16・16・16・16。
 図書館で出会ったミドがシドに檄を入れてシドが再起、ミドと協力して火力船を起動させます。これで行動範囲が広まる。また、ここに来てようやく敵の名前が判明します。その名はエクスデス。
 さてはるかな大海原へ・・・・と行く前に、一旦ウォルス城へ戻りますw シヴァ取るの忘れてた。弱点は炎なので再びロッド二発でおしまい。撃破レベルは17・17・17・17。
 では改めて大海原へ。まずはジャコールの町で装備を整えます。ここで、一つの決断を。どうせボス戦では後列にしないとダメージが凄まじいんだから、もう全員に後列武器持たせました。白羽の矢が立ったのは銀の弓矢。ファリスだけは「盾も持てる」という利点から円月輪のままで。装備を整えた後は次の目的地である三日月島へ。
 クレセントの町へ入ると地震で船が沈みますw まあ、すぐに代替手段が手に入るので気にせず町を探索しましょう。ここでたいりょくのうたをゲット。そのまま町の南にある森で黒チョコボをゲット。これで飛躍的に行動範囲が広がります。
 まずはリックスの村へ。ここでもアイテムは特になく、ゆうわくのうたをゲット。続いてイストリーの村へ行きますが、ここもあいのうたのみ。すっぴんだから歌なんて使えない・・・・w また、イストリーそばの森でラムウをゲット。HPの回復を忘れていたせいでラムウのサンダラでガラフが即死w 本来なら瀕死で耐えられたんですが・・・・。三本のロッドは弱点に当てはまりませんが、普通に殴るよりは強いのでロッドで攻めます。撃破レベルは17・17・17・17。
 黒チョコボで図書館に戻ってくると、新たな情報が。曰く「タイクーン王が砂漠の奥にいたらしい」とのこと。真偽を確認すべく砂漠へ向かいます。砂漠では流砂がジャマして進めないので、サンドワームを倒して橋にしてしまうことに。
 サンドワームですが、一緒に登場する穴を攻撃するとグラビデで反撃されてしまいます。なので、ロッドが使えないということに。さらに、りゅうさで全員に60ダメージ&HPが徐々に減少という難敵です。「こうげき入力→攻撃発動」までの間にワームが移動して結果穴を攻撃、ということもザラw 結局、バッツがHP62、残り三人が死亡という満身創痍で撃破しました。レベルは18・18・18・18。
 砂漠を抜けた先にあるのは滅びの町。ここでタイクーン王と追いかけっこ。最終的にハメられて穴に落とされてしまいます。落ちた先にあるワープで三日月島の地下へ。地下を進んでいくと、そこには火力船ともう一つ謎の船が。さらに、黒チョコボで三日月島に来たシドとミドも穴に落ちてやってきたw この二人のおかげで謎の船が浮上。正体は飛行船でした。まずは船にとりついた邪魔者を消すことに。
 クレイクロウ戦ですが、いかづちのロッド二本で終わります。テールスクリューで一人が瀕死にさせられますが、下手に回復するよりも最初にたまっている四人分の行動権を使用して叩いたほうがいいかと。
 さて再び滅びの町へ向かうと、突然町が浮上。飛行船でもいけない高度へと飛び立ってしまいます。どうやらクリスタルもそこにあるらしい。まずはそこへ乗り込むために飛行船をバージョンアップさせることに。必要なアダマンタイトをガラフの乗ってきた隕石まで取りに行きます。アダマンタイトを守っているアダマンタイマイですが、特に強くないです。氷のロッド二発でKO。レベルは18・18・18・18。
 いよいよ最後のクリスタルへと向かうことになるわけですが、さて次のダンジョンをクリアしたらしばらく三人パーティになり、さらにすぐ第二世界へ旅立つことに。第二世界ではロッドの補充が難しい(もしかしたら不可能かもしれない)。なので、クリスタルへ向かう前に、第二世界に備えてロッドを大量に仕入れることに。

現在のレベル 18・18・18・18
スポンサーサイト
 隕石でワープして次の目的地は火のクリスタルがあるカルナック。まずは町に入って「特別価格」でお買い物。ここでミスリルアーマーを買ったのですが、こおりのロッドにしておいたほうが良かったかも。なにはともあれ、買い物途中兵士に捕らえられて牢屋へ。牢屋ではシドと遭遇。どうやらシドもクリスタルを守りに来たようで。そこを牢屋にぶち込まれたと。言葉から察するに、信じてもらえず牢屋行きというよりは住居不法侵入の匂いを感じる・・・・w
 やがてクリスタルが実際危なくなってシドが釈放。その際、シドの口利きですっぴん四人衆も釈放。原因である火力船を止めに行くことに。装備を整えていざ。まあ、火力船内部には結構使える装備があるのでそこまでガチガチに固める必要もありません。動力部では操られたカルナック女王が。その「何か」が女王から出て襲い掛かってきます。
 リクイドフレイム戦ですが、人型の時はほのお、手の時はファイラ、竜巻の時は磁石をカウンターで放ってきます。そしてカウンター後に変形。また、竜巻の時はファイラで回復してくるので、即座に殴って変形させるように。ここで、かつて手に入れて温存しておいたこおりのロッドを使います。ここで上述の感想になるわけですが、ロッド二本もあれば瞬殺出来るボスでしたw 撃破レベルは13・13・13・13。
 フレイムを撃破してクリスタルの間へ。そこで、同じくクリスタルを守りに来たらしきウェアウルフと遭遇。ウルフがガラフに絡んでる間に暴走を継続されてクリスタルは木っ端微塵にw 懐かしんでる間があったら止めろよ狼野郎w
 クリスタルが壊れ、哀れ城も爆発寸前。ここで10分のカウントダウンとなります。色々トチってしまったのと、番人が手ごわかったのとで結局エルフのマントは入手できませんでした。まあリボンは取ったのでよしとする。アイアンクローを撃破して残り50秒というところで脱出成功。
 続いては古代図書館。とりあえず装備を整えて炎・氷・雷のロッドを二個ずつ購入。今後ボス戦で度々お世話になることでしょうw さて、そんなこんなで古代図書館に到着。その時点でレベルが15・15・15・15。そう、アレです。「運がよければあるいは」と挑んでみましたが、やはり来ました。

レベル5デス!www

 というわけであっけなく全滅w 次の目的は「レベル16になること」のようですw

現在のレベル 15・15・15・15

追記(24:40)
 もう少しだけプレイして全員レベル16にしました。杖はそれぞれ6個ずつに。

改訂版・現在のレベル 16・16・16・16
 準備を整えていざ北の山へ。さすがに、ここまで来るとこのプレイの基本戦術が見えてきました。まず、稼ぐ時は短期決戦のALL前列、進む時はダメージを1でも減らすためにALL後列。当然ボスも後列から攻める。でないと、回復が基本的にアイテムのみのこのプレイでは回復が追いつかない。かといって短期決戦を挑めるほどの体力でもないしこのゲームのボス。というわけで、道中では後列に配置して逃げまくり。そのまま山を登っていき、ボス戦へ。
 ボスのマギサ・フォルツァはそれほど苦戦しませんでした。後列に配置してダメージを減らしたのもありますが、意外とフォルツァの攻撃を盾で防いだ回数が多かった。盾がもう少し機能してなかったら展開もまた変わっていたと思います。撃破レベルは9・9・9・9。
 マギサを退けて山頂にいる飛竜を治療、その背中に乗って次のクリスタルへ。まずはマギサ戦で消耗したポーションの補給。その後、ほどほどに装備を整えてからウォルスの塔へ。最上階ではクリスタルを破壊しようとしているガルラとそれを止めようとする戦士が。戦士はあっけなく吹っ飛ばされ、ガルラが襲い掛かってきます。
 ガルラ戦も今まで同様に後列から攻める。魔法も使わなければ特殊な行動もないので、実に楽でした。事前に手に入れた鞭が後列からも本来のダメージを通してくれたので、今回は火力も十分。撃破レベルは10・10・10・10。
 ガルラを退けるも、クリスタルは結局砕けてしまいます。欠片を回収して塔を脱出。塔はそのまま海底へと沈んでしまいます。
 とりあえず町に戻って体勢を整え、まずは目的地から外れてタイクーン城へ。城にあるさまざまなアイテムを入手して戦力を大幅に強化。中でも注目なのが攻撃した相手を回復させる「いやしのつえ」。従来のプレイでも制限のない回復手段として用いることができますが、今回のプレイではより一層その重要性が高まっていると考えられます。繰り返しますが、回復手段は基本アイテムのみですので、「その他の回復手段」は貴重かと。他には攻撃力の高いあしゅら等を入手。戦力アップの勢いをそのままに、次のクリスタルへ。

現在のレベル 11・11・11・11
 応援団が一息ついて、ドラグレはやはり格ゲーということでWi-Fiのレベルについていけないので(ヘタレと言いたいなら言うがいいw)、前々から考えていたFF5プレイをちょっとネタに長編(てほど続くかどうかわからんが)を企画してみようかなと。

題して、
「クリスタル封印・すっぴん4人衆漫遊記」

 条件はそのまま、「すっぴんのみでプレイ」すること。アイテムやレベル上げは自由とします。でないと俺には無理だしw まあ、基本的にごり押しが可能なのでそれほど難易度の高いプレイではないんじゃないかと考えております。というわけでスタート。

※文中のレベルは全て「バッツ・レナ・ガラフ(クルル)・ファリス」の順です。

 まずはおなじみのオープニング、そしてレナ・ガラフとの遭遇にファリスとの遭遇。そのまま風の神殿へ乗り込んでクリスタルの有様を見る。まあここまでは通常プレイでもすっぴんですので省略。その後、神殿から南西にある町で一旦休むことに。夜中に変なおっさんから鍵をもらって運河へ。運河の敵は何気に攻撃力が高かったので、いかにダメージを減らして運河のボスにたどり着くかがちょっとした鍵でした。
 ボスのカーラボスですが、まだこの辺は特殊な行動もなく、回復と攻撃を繰り返して撃破。まあ、回復手段がポーションのみなので敵の火力とつりあわない面はありましたが。撃破レベルは7・7・7・7。
 カーラボスを撃破するとそのまま次は船の墓場へ。ここは最初と中間に回復ポイントがあるので道中はさほど苦労しません。問題はボス。
 セイレーン戦ですが、FFのアンデッドにはおなじみの「フェニックスの尾」が何故か効かない。仕方がないので、全員後列に配置してダメージを減らし、アンデッド状態の時にひたすらポーションを浴びせかけました。しめて30個以上は飲ませたかとw ちなみに、ここでもし前列に配置していると、敵の「だきつく」で一発瀕死状態に追い込まれてしまい回復が追いつかなくなります。下手をすれば即死の可能性も。こちらも同じく撃破レベルは7・7・7・7。
 舟の墓場を抜けて次は北の山。飛竜を取りに行きます。まずはカーウェンの町で物資を補給。特に、唯一の回復手段であるポーションは重点的に。その後、装備を整えさらに切り札「こおりのロッド」を入手していよいよ登山。

現在のレベル:9・9・9・9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。